WHR-G300Nの無線LAN設定Wi-Fiつなぎかた

WHR-G300Nバッファロー製品の無線ブロードバンドルータにiPhoneやiPodそれにAndroidスマートフォンやタブレットそれにPS3や任天堂DSをWi-Fi接続させる手順の説明です。特にソニー製品や任天堂製品はAOSSボタンで簡単に繋ぐことが出来るので是非インターネットに繋いでネット対戦を楽しんでみてください。

備考、この製品が販売された以降に発売された新型端末PSVITAや3DSはもしかしたらそのままでは繋がらない可能性があるのでもしもつながらない場合はファームウェアをアップデートしてみてください。

本体のAOSSボタンを確認します

ルータ上部にある図のボタンがAOSSボタンです。このボタンを5秒前後長押しするとSecurityランプが点滅したら離します。繋ぐ端末やゲーム機のAOSSボタン指示が表示されたらこの作業をおこなってもらえれば自動的に設定が完了します。

上記ボタン位置を確認したら端末別AOSS接続設定を参照し作業下さい。簡単に繋がると思います。もしもAOSS設定は完了するけどインターネットに繋がらない場合はWAN側IPアドレスを確認下さい。もしもWAN側IPアドレス表示無い場合バッファロールータそのものがインターネットに繋がっていないことが原因です。

スポンサーリンク

SSID名とWEPキーを確認する

iOSの製品及びAndroid製品は手動で暗号化キー(パスワード)を入力作業で設定する必要があります。ルータ本体の裏面にシールで接続先SSID名(ルータ本体のMACアドレスが該当します)と暗号化Key(パスワード)が記載されているので控えてから端末別説定説明を参照の上Wi-Fi説定を行なって下さい。

控えたら各種端末別の説明を参考に設定ください。

  1. AndroidAOSSアプリを参考に設定ください)タブレットの場合はもしかしたら手動の方がいいかもしれません。
  2. iPhone、iPod、iPad(手動設定になります、次のSSIDとKEY説明を確認)
  3. パソコンの方は型番別リンクにある公式マニュアルをダウンロード参照下さい。
  4. 無線不安定対策勝手にログアウトするなど

Androidスマートフォンとタブレット

設定から無線とネットワークを開きモバイルネットワークからデータ通信を有効にするのチェックを外します。

スポンサーリンク

次に設定から無線とネットワークを開きWi-Fi設定に戻ってWi-Fiにチェック入れ本体設定画面で確認したこちらのSSID名をタッチ。

パスワードも同様に本体記載のKEYを入力します。こちら

以上でWi-Fi接続設定は完了です

iOS(iPod iPad Iphone)

iOSをWi-Fiで繋ぐ場合はまず3G通信を切ってしまってください。iPhoneを参考

Wi-Fiメニューをタッチします。Wi-Fiは必ずオンとしてください。ネットワークを選択と言うメニューにWi-FiネットワークのSSIDこちら番号をタッチして同項目で確認したKEYをパスワードに入力すれば設定作業完了です。

説明は以上です。その他テレビやビデオレコーダを無線で繋ぎたい方はコンバータが必要です。テレビやビデオを繋いでインターネットを楽しみたいを参照下さい。

通信が不安定になる場合

繋がったり繋がらなくなったりもしくはオンラインゲームやアメーバピグが頻繁にログアウトする場合は無線LANチャンネルを固定してみてください。WHR-G300N ポート開放の説明を参照しルータの設定画面を開きます。無線設定から基本メニューを開いて無線チャンネルを7/6/5番あたりに変更し設定。(備考、電波の距離問題は別事案になります。例えば一階から二階等で不南庭でしたら無線機器の真上付近なら安定すると思います。)

任天堂DS等がつながらない場合。WEP暗号化方式が無効化になっている可能性があります。同様に設定画面を開いてAOSS設定画面へのアイコンを開きます。

次の無線暗号化方式のWEP専用SSID暗号化レベルでWEP64に変更下さい。続いて下の方にある暗号化レベルWEP64のSSID名とパスワードを控えて下さい。その上で手動でWi-Fi設定頂ければ繋がります。

上記を控えたら任天堂DSならWi-Fi説定からDSiであればDSのWPA2暗号化設定を参考に、インターネット接続先1/2/3の未接続を選んで、上記で控えたSSIDをタッチします。

同様に控えた10桁の暗号化キーを大文字小文字間違えないように入力すれば繋がります。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする