バッファロールータのオンラインゲームが繋がらないドラクエ10が時々切れてしまう問題解決方法

2012年度前後に販売されたバッファローブロードバンドルータで、オンラインゲームに繋がらない症状が出ているそうです。原因は高速アドレス変換と言うサービスがデフォルトで有効となっている事が原因と言うことですのでそれを無効化にする事で、繋がらなかったオンラインゲームを繋がるようにする事が出来るので、もしもお困りの場合設定確認お願い致します。特に大人気のドラゴンクエストの接続が断続的に切れてしまう問題は高速アドレス変換無効化で改善できるそうです。もちろんポート開放は不要です。

高速アドレス変換接続不具合対象モデル

  • WZR-450HP
  • WZR-300HP
  • WZR-600DHP
  • WZR-D1100H
  • BHR-4GRV
  • WZR-HP-G450H

高速アドレス変換無効化設定

まずバッファロールータの設定画面を表示します。エアーステーションツールもしくは、http://192.168.11.1/をブラウザに入力する事でログインする事が出来ます。パソコン以外の端末からも設定変更を加えることが出来ます。機種別を参考にログインして作業ください。備考、一部高機能モデルはhttp://192.168.12.1/のアドレスで設定画面を開く必要があります。

ログインする際に入力が必要なのはユーザー名のみです。

ユーザー名 root

パスワードは空欄(ユーザー様が何か設定した場合は設定されたパスワードを入れてください。)

スポンサーリンク

上記の方を入力でログインする事が出来ます。rootでログイン出来ない場合、ユーザー名admin、パスワードpasswordでログインしてみて下さい。

もしも上記ログイン画面ではなくエラーとなる場合はルータにログインできないページを参照下さい。

設定画面が開いたら、Internet/LANを開き、その下のメニューにあるアドレス変換を開きます。高速アドレス変換のチェックを外し設定ボタンを選んで作業完了です。注意、アドレス変換のチェックは外してはいけません。IPマスカレード機能が働かなくなりインターネットに繋がらなくなります。

その他、上記問題以外でフレッツご利用時つながらないかたは、プロバイダにぷららご利用では無いでしょうか?ホスト名確認時にplala.or.jpと表示されていれば該当しますので、ぷららポート開放を行なって20分経過で繋がるようになると思うのでお試し下さい。

他に通信が断続的に切れてしまう問題や繋がらない問題が有る場合、例えば接続元のIPアドレスがブラックリスト登録されていないか、ADSL回線であれば帯域不安定の問題などもあると思いますのでサービス提供プロバイダに一度相談頂くと改善する場合があるのでご確認お願いいたします。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする