AirMac Extreme ポート開放

AirMacExtreme

MAC製の無線ルータAirMac Extremeでポートを開放する説明です。wi-fi対応なのでPS3やPSPを接続されている方も一部オンライン対応アプリケーションの場合ポートを開放する事で通信トラブルを改善する事が出来ます

AirMac Extremeの場合、ポートマッピング(個別番号を開く設定)とDMZ何れの手順からもポート開放する事ができるのですが、任天堂WiiやPS3等はDMZの方が望ましい。

スポンサーリンク


注意事項

AirMacは無線のセキュリティが購入時設定されていません。そのままでは絶対使わないでください。自宅にこの製品を購入してLAN環境に導入されたら必ず無線LANのパスワード(暗号化キー)を設定してからご利用ください。そうしないと不正アクセスの温床となってしまいます。無線パスワードの設定を行うにはMACPCかWindows7以上のPCまたはiPhone/iPad(ios端末)が必要です。

無線パスワード設定手順ですがiPhoneを使った手順で説明します。パソコンなどの方はAirMacユーティリティーをダウンロードして設定ください。詳しくはExpress 初期設定に説明させて頂いてます。LTE/3Gキャリア契約なしで自宅でWi-Fiに繋ぐ術が無いと言う方は知人かご友人のパソコンを貸してもらってダウンロードしてください。iTunesをセットアップしてiPadやiPod TouchをUSBケーブルでパソコンに繋げばユーティリティーをセットアップ出来ます。

ポート開放手順の説明

AirMac 管理ユーティリテからベースステーションの設定画面を開き、全ての設定を表示を選択し、表示された上の方にあるポートマッピングを選択下さい。

スポンサーリンク

表示されたポートマッピングの画面右側にある「追加」ボタンをクリックして設定を行います。

以下のポート番号指定画面が表示されます。

パブリックポート:開放するポート番号

プライベートアドレス:開放する機器(パソコン等)のIPアドレス 例:10.0.1.20であれば最後の番号である 20 のみ入力します。

プライベートポート:LAN側で使用するポートなので特に何番でも構いません。パブリックポートに指定した番号と同じものを入力下さい。

他サンプルです。

機器のIPアドレスが、10.0.1.50で23800番を開く場合

入力が完了出来ましたら、以下の様に(少し異なると思いますが)入力した値が反映されます。間違えなければ「アップデート」ボタンを選択して作業完了です。

DMZの設定

上で説明させて頂いたポートマッピングと以下の設定は併用出来ません。

DMZとは特に意味はもちません、朝鮮半島の30度線に存在する非武装地帯から取った名前です。

この設定を使用すると、登録した機器のポートは全て転送され事実上グローバルIP通信を可能とする設定になります。

設定方法は、AirMac 管理ユーティリティから全ての設定を表示を選択します。

WANのプライバシーと言うボタンをクリックし、表示された画面にありますデフォルトのホストを有効にするのチェックボックスにクリックしてチェックを入れます。

デフォルトのIP アドレスは、10.0.1.253(変更しても構いません)となりますのでこのアドレスを、DMZ設定したいパソコンやネットワーク機器へ固定化設定します。

10.0.1.253をマックOSに指定する場合

PSPへ指定する場合であれば、以下の様に指定します

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする