AirMac Extreme Xlinkkai (UDP30000)ポート開放

AirMac Extremeでxlinkkaiのポートを開放する場合の説明です。

まず注意点としましてはUSB無線アダプター関連問題ないかご確認下さい。詳しくはxlinkkaiの使い方をご覧ください。

前のページに戻る

準備 クラスA IPアドレス固定

まずクラスAのIPアドレス割り当て範囲となるのでxlinkkaiをしたいパソコンのIPアドレスを次の様に固定します。

IPアドレス:10.0.1.30

サブネットマスク:255.0.0.0

デフォルトゲートウェイ:10.0.1.1

DNSはGoogle提供のパブリックDNSを割り当ててしまいます

優先:8.8.8.8

代替:8.8.4.4

固定出来たらパソコンを必ず再起動下さい。

スポンサーリンク

設定手順の説明

AirMac Extremeのユーティリティを起動下さい。

AirMac 管理ユーティリテからベースステーションの設定画面を開き、全ての設定を表示を選択し、表示された上の方にあるポートマッピングを選択下さい。

スポンサーリンク

表示されたポートマッピングの画面右側にある「追加」ボタンをクリックして設定を行います。

以下のポート番号指定画面が表示されます。

注意事項:AirMac Extremeにはプロトコルを指定する部分がない為、恐らくではありますがBoth(両方)プロトコル指定となっていると思われますのが、もしもこちらの方でUDPポート開かない場合はお手数ですがBBSまでご連絡お願い致します

パブリックポート:30000

プライベートアドレス:10.0.1.30

プライベートポート:30000

入力が完了出来ましたら、以下の様に(少し異なると思いますが)入力した値が反映されます。間違えなければ「アップデート」ボタンを選択して作業完了です。

最後に、UDPポート開放チェックを行って手動ポート30000を指定し回線をチェック。手動ポート利用可とあれば作業完了になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする