Aterm WR7600H ルータ 無効設定(ブリッジモード)

Aterm WR7600HをCTUやイーアクセス系ルータ又はYAHOOBBルータに繋いでいる方でポート開放が出来ない場合や、接続速度が出ない方の解決方法の手順です。

まず冒頭申し上げた環境だと二重ルータ環境となり、ポート開放が出来ない原因や接続速度が出ない原因、又はラグの原因ともなります。解決方法としましてはAterm
WR7600Hをルータ機能をOFF(無効)として無線及び有線HUBとして動作させる事で解決する事が出来ます。

但しこの設定を行うことでAterm WR7600Hへのアクセスが通常の状態では出来なくなります。またインターネット接続がまったく出来なくなる恐れがありますので、申し訳ないのですが出来ればインターネット接続出張サポート設定を依頼(有料ですが)頂いた方がベストです。

トラブルになっても自分で復旧できる自身がある方は作業を続行下さい。

設定前の注意点

パソコンやプレイステーション3、その他Atermに繋いでいるパソコンのIPアドレスは必ず自動取得の状態で作業し、Atermのルータ機能無効のあと必ずそれぞれの機器を再起動してください。

設定手順の説明

まずAterm WR7600Hの繋がっているLANケーブルは念の為取り外して下さい。。本体のLANケーブルが差し込まれている裏面のディップスイッチを作業します。これを図の通り切り替えて下さい。作業を間違えるとルータが壊れる場合がありますのでご注意下さい。

スポンサーリンク

上記のディップスイッチを以下の様に切り替えて下さい。

2番目のスイッチをON側に切り替えます。

次に本体のカバーをあけてリセットスイッチを押して下さい。5秒から10秒程度念の為長く押して下さい。

次にLANケーブルの配線を変更します。

以上で設定完了です。再度Atermへの設定画面を開きたい場合はパソコンのIPアドレスを自動取得の状態で、上ディップスイッチ2をOFFに移動しリセットスイッチを押して下さい。その上でパソコン再起動でこちらのhttp://192.168.0.1/でログイン画面が出るようになります。

もしもなんらかのトラブルになった場合でまったくインターネット接続が出来なくなった場合、この無線と他の無線LANアクセスポイント
と交換すれば効したトラブルを未然に回避しインターネット接続環境を構築出来ますので交換もご検討下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする