スポンサーリンク

突然繋がらなくなる場合

NECダイレクトスターやAterm等のルータが突然ポートが開かなくなるトラブルの改善説明です。
この突然ポートが閉じるや開いたり閉じたりする現象は
ルータがパソコンへのIPアドレス割り当てが動的である為に発生します。
例えば設定する際に確認したIPアドレスが、192.168.0.2だったとします。これアドレスを元にポートマッピングをおこなうのですが、何かの理由でパソコンの割り当てIPアドレスが稀に変動になります。
特にパソコンを二台以上又は他のネットに繋ぐ機械をパソコンを含めて二台以上接続されている場合、電源を投入した順番からIPが割り当てられて
例えば今日はパソコンのIPアドレスが192.168.0.2だったのが、翌日は192.168.0.3となってしまっている事があります。
これらのトラブルを回避するにはパソコンのIPアドレスを固定すれば、トラブルを改善出来ますし。手動でアドレスを変更する事によりポートを開いたり閉じたりする事も可能です。詳しくはメニューにあるパソコンのIP固定を参照下さい。
ポートが開いたり閉じたりする場合や、突然ポートが開かなくる際の解決方法。今回はマックアドレスで指定してみます。イーアクセス回線でレンタルされるatermが稀にマックアドレスを指定しないと開かないトラブルがあるためです。
まずポートマッピング画面を開いてください。前のページを参照
XPのマックアドレス確認方法はこちらを参照下さい。
開いたポートマッピングの画面下の方にNATエントリ編集項目があります。
エントリ番号からIPアドレスをマックアドレスに変更する設定番号を選択し、宛先アドレス例:192.168.0.2と記載あるIPアドレスを消します。

次に宛先アドレスにマックアドレスを入力します。
マックアドレス入力例:
確認したマックアドレスがx1-X1-X1-X1-X1-X1だった場合、X1:X1:X1:X1:X1:X1 ハイフンをコロンに変更して入力下さい。
プレイステーションやPSPのマックアドレスの入力でポートを開く事が出来ます。
入力できましたら「編集」ボタンをクリックして、前ページにある手順で設定を反映してください。

マックアドレスでポートを開いた場合は、手動でパソコンのIPを変更してポートを閉じる事は出来ませんので念の為。
セキュリティ面を考慮するのであれば、IPアドレスの固定で開く事をお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました