WiMAXルータ AZ01MR ポート開放

アルチザネットワークから販売のWiMAXブロードバンドルータAZ01MRのポート開放手順の説明です。

AZ01MRの特徴としましては、電源投入してすぐにネゴシエーションを確立できる点。最速10秒で接続できるそうです。またエネループモバイルブースターを予備バッテリーとして使用することができるので、外出先で長くインターネットを利用しないと行けないユーザー様にはありがたい機能と言えます。対応エネループモバイルブースターバッテリーはメーカーサイトを御覧ください。AZ01MR製品情報。対応無線規格はIEEE802.11b/gとなります。またUPnPは最初から有効になっているのでメッセンジャーやスカイプも問題なくそのまま利用頂けます。

接続可能ネットワーククライアントは無線内蔵パソコン/PS3/PSP/DS/Wii/Android/iPod/iPad/iPhone等のIEEE802.11b/g/n無線規格対応クライアントを接続させることができます。DSを繋ぐ場合は無線暗号化をWEPにして頂かないと繋がらないのでご注意下さい。

自宅などでデスクトップパソコン等有線LANしか持たないネットワーククライアントの場合、別途以下のものが必要です。

備考、2013年6月10日よりプライベートIPアドレス割り当てサービスが適用されました、そのままのご契約ではポート開放出来ません。詳しくはWi-MAXモバイルルータ一覧に説明させて頂いてます。

スポンサーリンク

準備 IPアドレスを固定します

基本的にはワイヤレスアダプター側になりますので有線LAN接続以外の方は必ずワイヤレスアダプターのIPアドレスを固定して下さい。

IPアドレス:192.168.0.30

スポンサーリンク

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.0.1

優先DNS:192.168.0.1

IPアドレスを固定できたら必ずパソコンを再起動下さい。

ポート開放設定の説明

パソコンから設定画面を開きます。(備考PS3やPSPからも設定画面は開くことが出来ポート開放設定も可能です)

http://192.168.0.1/

上記のアドレスをInternetExplorerのアドレス欄へ入力しEnterキーを押すと以下のログイン画面が表示されますのでユーザー名とパスワードを入力頂くと設定画面を表示する事が出来ます。

ユーザー名は artiza

パスワード design

ログイン画面ではなくエラーとなる場合はルータにログインできないページを参照下さい

設定画面が開いたらアドバンストからポート転送を開いて下さい。下記項目でポート開放設定を行うことができます

ポート開放する

サンプルとしてANHTTPDサーバソフトを導入し次の設定を作成しポート開放出来るか試してみましょう。

  1. ポート番号80
  2. プロトコルTCP
  3. 転送先IPアドレス192.168.0.30
  4. 転送先ポート80
  5. 適用

以上で設定完了です。転送先ポートとは?LAN側に伝えるポートを変更することが可能なサービスです。例えばWEBサーバは80番で外部待受もhttpプロトコルでそのままアクセスさせたくない場合は任意の外部ポート8080として待受させることが可能になります。

ポート変換サンプル待受のみです、ANHTTPDの動作ポートを80番としたままにして、待受ポートを60080辺りに設置したとした場合は以下のように設定することでポート変換されます。

  1. ポート番号60080
  2. プロトコルTCP
  3. 転送先IPアドレス192.168.0.30
  4. 転送先ポート80
  5. 適用

その他のクライアント向け説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする