WHR2-G54 ポート開放

WHR2-G54無線ルータのポート開放設定の説明です。まず注意して頂きたいのが、既に設置してあるルータタイプのモデムこの無線をネットワークに追加している方が非常に多いです。二重ルータの場合いくら以下の手順を参照頂いてもポートを開放する事は出来ません(二重ルータの確認はWAN側IPアドレスをご確認下さい)、対策としましてはWHR2-G54をブリッジモードに変更して元ルータへ設定するか二重ルータポート開放のヒントを参照で設定ください。

設定手順説明

まずバッファロールータの設定画面を表示します。

http://192.168.11.1/アドレスをブラウザのアドレス欄に入力しログイン画面が表示されるので、ユーザー名に root と入力しパスワードは空欄でログインする事が出来ます。ログインできましたら図のサンプルにある項目アドバンストメニューをクリックします。

スポンサーリンク

もしも上記手順でエラーページを表示出来ません等のエラーになる場合、バッファロールータがブリッジモードで動作している場合は、192.168.11.100(パソコン側のIPアドレスを192.168.11.2に固定しないとアクセスできません)でアクセス試行ください。もしくはブラウザのトラブルの可能性があるのでルータへログインできないを参照ください。

スポンサーリンク

ネットワーク設定メニューからアドレス変換設定をクリックします。

アドレス変換設定画面が出ましたら、必ずアドレス変換使用するにチェックとなっているかを確認しアドレス変換ルールを入力ボタンをクリックしてポート開放設定を作成します。

アドレス変換設定の入力項目が出ましたらポートを開放するパソコンやネットワーク対応機器のIPアドレスとポート番号とプロトコル情報を入力もしくは選択して設定します。

設定例:パソコンのIPアドレス 192.168.11.10

開放するサービス:WEBサーバ TCPプロトコル 80番ポートを開放する場合

グループ:任意の英文字を入力(例:WEB)

WAN側IPアドレスはエアーステーションのWAN側IPアドレスから変更しないで下さい。

プロトコル(WAN側):TCP/UDPにチェック下さい。

ポート:任意のTCPポートを選択します。

任意のポート:80

LAN側IPアドレス:192.168.11.10

入力できましたらルールを追加をクリック

作成した設定内容が表示されます。間違いなければ登録・保存ボタンをクリックして作業完了になります。

UDPプロトコルの設定例

例えばxlinkkai等でUDPプロトコルのポート番号30000を開く必要がある場合は以下の様に設定すれば良いです。

範囲を指定する場合

例えば、5730番から5739番までを開放する必要がある場合は以下の様にハイフンで指定頂く事で範囲していでポート開放する事が出来ます。

説明は以上です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする