MZK-RP150N 設定画面開き方

プラネックスのポケットルータMZK-RP150Nのルータモード以外での設定画面の開き方の説明です。ルータモードでしたらポート開放説明にある手順で開くことがでいるのですがコンバータやAPモード状態だとちょっとコツが必要になります。

まずIPアドレスを固定します

パソコンのIPアドレスを固定する必要があります。以下のように固定下さい。ちなみにインターネットには繋がらなくなりますので後から自動取得に戻して下さい。戻し方はネットワーク接続 (IP自動取得やネット不安定の確認)を参照下さい。

注、USBケーブルで繋ぐ場合は固定しなくて構いません。

IPアドレス:192.168.111.10

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:空欄

優先DNS:空欄

代替DNS:空欄

IPアドレスとサブネットマスクのみ設定下さい。確認画面が出ても無視して構いません。次にMZK-RP150Nとパソコンを有線LANケーブルで繋いで下さい。

スポンサーリンク

コンバータモードの設定画面開き方

ルータ本体のWANポート(黄色)の差し込みにLANケーブルを繋いでパソコンとつなぎあわせます。または付属のUSBケーブルでも構いません。

スポンサーリンク

繋いだらパソコンのブラウザのURL欄に、http://rp.setupかhttp://192.168.111.249と入力してEnterキーでログイン画面が表示されるので

ユーザー名 admin

パスワード password

【OK】をクリックすると表示されます。

ブリッジ(AP)モードの設定画面開き方

ブリッジモードの場合はルータ本体のLANポート(青い差し込み)にLANケーブルとパソコンを繋いで下さい。USBケーブルでも構いません。

繋いだらパソコンのブラウザのURL欄に、http://rp.setupかhttp://192.168.111.250と入力してEnterキーでログイン画面が表示されるので

ユーザー名 admin

パスワード password

【OK】をクリックすると表示されます。

それぞれの作業が完了したら必ずIPアドレスを自動取得に戻してくだし。説明は以上です。備考、不正アクセスされる恐れがあるのでSSIDとWEPキー確認で暗号化キーを設定してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする