MZK-MF150W MF150B DMZ設定の説明

プラネックスMZK-MF150W MF150B に繋いでいる任天堂WiiやDSその他ポート番号不明のアプリケーションのポート開放を簡単に行うことができるDMZ設定の説明です。

注意点、パソコンの場合無線動作モードをIEEE802.11nと言う高速な無線通信モードは無線アダプタ対応している場合問題ありませんが。任天堂Wii含む家庭用ゲーム機の多くはIEEE802.11bもしくは802.11gにしか対応できません。ゲームの通信トラブルの場合はまず802.11bに固定してトラブル解決しないかを確認しそれでも通信障害改善ない場合はDMZでのポート開放をお試しください。

設定の準備

まずDMZに適用するパソコンもしくは任天堂Wii等のIPアドレスを固定してしまいます。

固定するアドレスの値

IPアドレス:192.168.1.60

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ(デフォルトルータ):192.168.1.1

DNS:192.168.1.1

設定完了しましたら、必ずパソコンもしくはゲーム機を再起動してください。

スポンサーリンク

もしも、上記の設定を行ってWEBページが見れなくなった場合、DNSアドレスをプロバイダ指定のDNSに書き換えてください。WEBサイトが見れない

スポンサーリンク

ポート開放の手順説明

MZK-MF150WまたはBの設定画面を表示します。表示方法はプラネックス MZK-MF150W MF150B ポート開放を参照

設定画面が表示されたら、セキュリティからDMZホストメニューをクリックして設定画面を切り替えて下さい。

DMZホスト項目が表示されましたら

DMZホスト:有効に切り替えて頂いて(何らかの理由でポートを閉じたい場合は無効に変更で閉じる事が出来ます)

DMZIPアドレス:192.168.1.60

適用ボタンをクリックして設定完了になります。

備考:DMZの場合適用出来るのは一台のクライアントのみです、例えばWiiを192.168.1.60に固定してDMZ適用した場合の状態から今度はPSPに適用させなければならない状況になった際は、WiiのIPアドレスを自動取得に変更しPSPのIPアドレスを192.168.1.60に変更頂くことで切り替えて適用頂く事が出来ます。もしも複数台DMZとする場合はフレッツの方なら実質2本のインターネット回線とする事が出来る2セッション等を検討頂くと良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする