スポンサーリンク

Internet側 TCP/UDPポートが重複しています

バッファロールータのポート開放エラー

バッファローポート開放設定のエラーで以下の内容
入力項目に間違いがあります。場所: Internet側 TCP/UDPポート内容:Internet側 TCP/UDPポートが重複していますと表示され設定できないトラブルについて。
このエラーは元々アドレス変換設定に追加してあるポート番号があり、それに被ってルータのルール違反である重複ポート開放設定を作成しようとすると表示されます。
理由に付きましては同じポート番号をご覧ください。

解決方法

まずバッファロールータのアドレス変換設定にある既存のポート開放設定を確認下さい。もしも不要であれば削除してから設定すると良いでしょう。
例えば、アドレス変換設定したの方にあるポート変換登録情報に、図の様に192.168.11.3宛てへTCP80番ポート開放の設定が存在する場合、如何なる理由でがあっても、新規にTCP側で1-65535等の80番ポートを含むポート開放設定を作成することはできません。理由は上でも申し上げた通りルール違反になるからです。
なので、新規にどうしても1-65535番を開放する場合は既存の80番設定を削除してから設定を作成する必要があります。

もしもどうしても例えばTCPプロトコルの80番ポート開放設定が必要で、1-65535までの設定を作成したい場合は、80番はルール上図のサンプルでしたら192.168.11.3宛て以外に開放設定を作成することはできませんが、他のポートなら以下の様に作成することで開放設定を作成くする事ができます。
まずTCP側で1-79番までを先に作成します。(図のサンプル間違えて1-78までとなってますがご了承の程お願いします)作成出来たら次に図にもありますとおり、新規にTCP側の81-65535までを作成します。

以下の様に80番のみ避けて作成することができます。

少しポート転送の仕組みに付いて分かりつらいかもしれませんが、ルータ側でポート開放(ポートを外部から転送)に付きましては、一台のパソコン等に対して一つの番号しかポート開放出来ないと言う基本ルールがあるという事をしっかり理解すればネットワークの構築もよりスムーズに行うことができると思います。
よくある質問一覧に戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました