ESET Smart Security ポート開放の説明

ESET Smart Securityのパーソナルファイヤーウォール設定の例外ルール適用説明です。この製品に搭載されるPFW(パーソナルファイヤーウォール)は、ESET
Smart Security側で把握できないアプリケーションに付きましては内部から外部への如何なる通信も止めてしまう為、もしもどうしても設定がうまく出来ない場合は、ESET
Smart SecurityのPFWを停止して別途Zone Alarm(無償)に切り替えて運用いただく事をお勧め致します。

設定手順の説明

まず設定画面を開きます。

まず即時停止される場合は図にある設定から、パーソナルファイアウォールメニューを選んで頂いてフィルタリングをしない すべての通信を許可するをクリックすると全面的にPFWを停止させる事が出来ます。

ESET Smart Securityのパーソナルファイヤーウォール設定画面

スポンサーリンク

個別アプリケーションを例外に設定する場合

保護の状態項目からパーソナルファイアウォールメニューを選択頂くと、ネットワーク通信待ちアプリケーションが監視項目に入ってますので、例えばANHDDPDを例外許可にする場合、ANHTTPDアイコンを右クリックし指定したプロセスの通信を一時的に許可をクリックで例外設定とする事が出来ます

ESET側で把握されないアプリケーションの場合

ESET側で常に通信制限を受けるアプリケーションは、以下の手順でルールを手動で作成して対応します。

スポンサーリンク

設定項目からパーソナルファイアウォールを選んで頂いて、パーソナルファイアウォールの詳細設定メニューをクリックしてください。

以下の詳細モード設定画面が表示されましたら

自動モードからポリシーベースモードへ変更しOKボタンを選択してください

元の設定画面に戻りましたら、設定項目よりルールとゾーンの設定メニューを開きます

ゾーン設定画面が表示されるので、「新規ボタン」をクリックして新しい例外許可ルールを作成します

ルールの作り方

「一般」

名前: 任意の名称を入力

方向: 必ず両方(単一ポートであってもアプリケーションによってはLANかわWANへ通信が止まりトラブルとなる可能性がある為)

アクション: 許可

プロトコル: TCPとUDP両方選択

次に「ローカル」タブを選択頂いて

アプリケーションの参照ボタンをクリックし、ポートを開放したいアプリケーションを選択し作業完了です。

ゾーン設定画面に戻るので、設定した例外ルール名の設定にチェックが入っているか、許可となっているかを確認頂いて「適用」「OK」の順番で設定を反映し作業完了です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする