LAN-HGW450/S ポート開放

LAN-HGW450/S、ロジテックから家庭内LAN構築を意識したUSBインターフェースポートを二個搭載した、高性能無線ブロードバンドルータのポート開放と無線LAN設定関連の説明です。このブロードバンドルータの特徴ですが、まず有線側の能力ですが、WAN/LANポートはギガビット1000BASE-Tに対応。フレッツ光ネクストや隼、それにauギガ光、JCOM160Mbpsコース、eo光200Mbpsコース以上の方に最適なルータです。無線側は、IEEE802.11b/g/n/a方式に対応し、対応無線子機があれば無線通信速度は最大450Mbpsとなります。また、スマートフォンにタブレット、それに3DSやWiiUにPSVITA等あらゆる無線専用クライアントを簡単にWi-Fi接続させることが可能です。電波の強さはメーカー資料によると一般木造住宅で、一階から三階までカバーできるとの事。その他可能な事。

  • USBフラッシュメモリ、ハードディスクを用いたNAS(ネットワーク共有ドライブの構築)
  • プリンター共有機能
  • USBデータ通信カードによるWAN側通信、対応データ通信端末詳細
  • 無線コンバータの様に同モデルどうしをポイント・トゥ・ポイント無線接続させる事が出来ます。

USB共有サービスに付きましてはこちらのユーティリティで排他ロック共有(誰かが使っているとアクセス拒否される仕組み)となるので完全なローカルネットワークサーバサービスとしては利用できません。詳細な使い方に付きましてはマニュアルを参照お願い致します。不明な点はBBSへ気軽にご質問ください。

スポンサーリンク

ルータの設定画面を表示するには

設定画面を開くには。http://192.168.2.1/このアドレスを開きます。ログイン画面が出ますので下記情報でログインして設定画面を開くことができます。備考、スマートフォンとタブレットで設定する場合は(QRでかんたん接続Android / iOS)でルータの初期設定等を行うことが可能です。

ゲーム端末で設定する方は下記を参考にゲーム端末用ブラウザから設定画面を開いて作業下さい。

ユーザー名:admin

パスワード:admin

ここからポート開放設定の説明です。無線設定の方はこちらからご覧ください。

準備 IPアドレスを固定する

まずポート開放の説明です。設定するクライアント(パソコンやPS3など)のIPアドレスを固定します。

IPアドレス:192.168.2.80

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.2.1

優先DNS:192.168.2.1

代替DNS:空欄

固定できたら必ずパソコンを再起動してください。

ポート開放を行う

メインメニューの詳細設定(上級者向け)を開きます。

スポンサーリンク

左下のNATメニューからポート転送を開きます。

以下の項目に必要な情報を入力して設定を追加します。

  1. ポート転送を有効にするにチェックが入っていることを確認します。
  2. ローカルIPはポート開放する端末のIPアドレスです。手動で入力して下さい。選択からだと正しく認識されない可能性があります。
  3. タイプはTCPかUDPまたはBOTH両方を指定できます。
  4. ポート範囲、ポート番号です。
  5. こちらもポート番号です。単一なら例、「80」-「80」と指定します。
  6. コメントは任意。空欄でも構いません。
  7. 追加を選んで、最後に適用から再起動の更新を選んで作業完了です。

WEBサーバポート開放設定例

設定例としましてカスタムサービスの追加からWEBサーバのポート開放設定をご覧ください。ポートチェックを行う場合は、ANHTTPDならインストール不要でWEBサーバを動作させてポート開放出来ているかを確認できるので便利です。必要な番号と、プロトコルをそれぞれ変更して任意の設定を作成できます。

  1. ポート転送を有効にするは必ずチェック入れ
  2. ローカルIP、192.168.2.80
  3. タイプ、TCP
  4. ポート範囲、80(開始位置です)
  5. ポート範囲、80(終了位置です)
  6. コメント、web
  7. 追加

ポート転送リストに追加されます。設定があっているかを確認して、適用を選びます。

更新を選んで、ルータが再起動します。再起動時時間がカウントされますのでその間インターネットに繋がりません。カウントが0秒となればインターネットに繋がるかを確認の上ポート開放チェックしてみて下さい。

その他のポート開放設定例

minecraftのサーバ設定例。

  1. ポート転送を有効にするは必ずチェック入れ
  2. ローカルIP、192.168.2.80
  3. タイプ、TCP
  4. ポート範囲、25565(開始位置です)
  5. ポート範囲、25565(終了位置です)
  6. コメント、mct
  7. 追加

ご質問の多いUDPポートの設定です。緋想天10800番で説明します。

  1. ポート転送を有効にするは必ずチェック入れ
  2. ローカルIP、192.168.2.80
  3. タイプ、UDP
  4. ポート範囲、10800(開始位置です)
  5. ポート範囲、10800(終了位置です)
  6. コメント、any
  7. 追加

設定を追加出来ましたら、UDPポートチェックツールを取得して手動ポート10800と入力し回線チェックして下さい。

説明は以上です。

その他の説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする