WHR-HP-G300NA WAN側IPアドレスの確認

WHR-HP-G300NAご利用環境で、ポートの開放が出来ない、NATタイプ3の問題を確認するための説明、WAN(ワイドエリアネットワーク)側のIPアドレス確認手順の説明です。

確認手順説明

WHR-HP-G300NA ポート開放を参考にルータの設定画面を表示します。設定画面が開いたら、ステータスからシステムを開きます。

次の情報Internet表内のIPアドレスがWAN側IPアドレスとなります。

上記のWAN側IPアドレスが192や172それに10から始まる数字の場合(例、192.168.1.2等)は二重ルータまたはプライベートIPアドレス割り当てとなります。192.168.1.2(NTT系)や192.168.3.2(YAHOOBB系)それに192.168.0.2(イー・アクセスかau)等でしたら繋いでいるモデムにルータ機能がある問題だと思いますのでポート開放できない場合はこのルータをブリッジモードに切り替えて下さい。本体背面のスイッチを切り替えると可能です。LANケーブルが繋がっている場所にスイッチがありますこれをOFFに切り替えてから5分ほど待ってそれぞれのシステムを再起動頂いて通信の不具合が解決したかをご確認下さい。備考、インターネットに繋がらなくなったらIPアドレスが固定されていると思いますので自動取得に戻して下さい。詳しくはネットワーク接続 (IP自動取得やネット不安定の確認)

スポンサーリンク

上記以外、172.0.0.2、10.0.0.2、最初の数字が172/10であれば恐らくプライベートIPアドレス割り当てのインターネットご契約となります。詳しくはプライベートIPアドレス契約とはを参照下さい。

もしもそれ以外で以下のような表示であれば広帯域接続(バッファロールータにPPPoE接続設定)や、CATV(ケーブルテレビインターネット)のモデムの電源10分以上切ってから繋ぎ直す作業が必要になります。もしくはLANケーブルを交換してみてください。

上記以外で例えばマンションやアパートに初めから設置されているインターネットにバッファロールータを繋いでも、インターネットに繋がらない場合は動作切り替えスイッチをON側に切り替えてみてください。自動的にブリッジモード動作の問題の可能性もあるので強制的にルータモードとして動作させればインターネットに問題なく繋がるかもしれませんのでお試し下さい。

説明は以上です

設定関連メニュー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする