DOCOMO HW-01C ポート開放

DOCOMOのSIMカード(フォーマカード)を挿入し、パソコンやiPad(ios含む)、PSPや任天堂DSをインターネットに繋ぐことが出来るWi-FiブロードバンドルータHW-01Cのポート開放手順の説明です。

ここではポート開放の説明しかしておりません。各種通信設定等を確認する場合はHW-01C マニュアルをご覧頂くかBBSまでご質問下さい。

ユーザーレビューはアマゾンが参考になると思います。docomo HW-01C ポケットWi‐Fi 新品未使用白ロム

通信速度はIEEE802.11b/g規格に対応、LAN間通信速度最大IEEE802.11g通信時54mbps、SIM通信の上り速度は5.7mbps、下り最大7.2Mbpsとなります。

注意事項、定額データプラン料金でのご契約の場合パソコンのオンラインゲームを利用できないとのこと。もちろんPS3とPSPも該当するおそれがあります。お困りの場合はWiMAXかイーモバイルにお乗換えをご検討下さい。

スポンサーリンク

準備 IPアドレスを固定します

HW-01Cの場合DHCP割り当て範囲内にあるIPアドレスを指定してポート開放を行うことは出来ません。デフォルトのDHCP割り当てIPアドレス範囲は192.168.1.100-192.168.1.200となりますのでこの範囲内のIPアドレスを設定しないようにして頂く必要があります。

IPアドレス:192.168.1.30

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.1.1

優先DNS:8.8.8.8

代替DNS:8.8.4.4

IPアドレスを固定できたら必ずパソコンを再起動下さい。

設定画面を表示する

パソコンから設定画面を開きます。http://192.168.1.1アドレスをInternetExplorerのアドレス欄へ入力しEnterキーを押すと以下のログイン画面が表示されますのでユーザー名とパスワードを入力頂くと設定画面を表示する事が出来ます。

ユーザー名は admin

パスワードに0000(初期値)

上記IDとパスワードでログインしてください。

スポンサーリンク

ログイン画面ではなくエラーとなる場合はルータにログインできないページを参照下さい

ポートを開放する

HW-01Cメニュー左側の設定からファイアウォールメニューを開きます。

次にポートマッピングを開きます。

ポートマッピングの設定

ポートマッピング項目にポート開放設定を作成します。(設定項目画像資料無いため文字のみの案内になります。)

設定例と致しましてWEBサーバのポート開放設定を記載しておきます。ポート開放の練習にANHTTPDサーバソフトを導入し次の設定を作成しポート開放出来るか試してみましょう。

  1. プロトコル:TCP
  2. ステータス:有効
  3. サービス名:server(任意の英数文字)
  4. WANポート番号:80
  5. LAN側IPアドレス:192.168.1.30
  6. LANポート番号:80
  7. サービス選択:任意設定を指定
  8. 追加/更新を選択
  9. 適用を選択
  10. OKボタンを選択

以上で作業完了です。

備考、冒頭触れましたデータ通信定額制にご契約の場合幾つかポート制限があります。なので通信不具合をポート開放によって解決出来ない場合もありますのでご了承願います。もしも利用できないサービス等ある場合は自由度の高いWiMAXやその他SIMカード契約で対応お願い致します。

ポート変換の説明

HW-01CにはWAN側ポートとLAN側ポートを変換させて転送させることが可能です(注、WANtoLANのみ)、例えばDOCOMOの通信制限によって転送させられないポート番号を下記の様に変換させて転送させることが可能になります。

例、3658番規制の場合外部待ち受けポートを8080と設定してクライアント接続させることが可能です。

  1. プロトコル:TCP
  2. ステータス:有効
  3. サービス名:forward
  4. WANポート番号:8080(外部待ち受け)
  5. LAN側IPアドレス:192.168.1.30
  6. LANポート番号:3658(LAN内に転送するポートを変換)
  7. サービス選択:任意設定を指定
  8. 追加/更新を選択
  9. 適用を選択
  10. OKボタンを選択

以上で作業完了です。

その他の説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする