スポンサーリンク

Windows 7 無線ワイファイ(Wi-Fi)アクセスポイント

インターネット接続

Windows7内蔵無線でiPadやiPodをインターネット接続

Windows7主にノートパソコンに標準内蔵されている無線LAN(ワイヤレスネットワーク)を使いソフトウェアアクセスポイント動作させてiPod(iOS製品スマートフォンやタブレット)、それにAndroidスマートフォンやタブレットをインターネットに接続できるようにする手順の説明です。備考下位OSの場合はこちらWindows XP VISTA USB無線LANアクセスポイント設定を参照
備考:IPアドレスを取得出来ない問題が多発しています。PS3やiPodやiPadもしくはAndroidをこちらの手順でワイファイ接続させる場合は、アクセスポイントとなるワイヤレスネットワークアダプタのIPv6プロトコルを無効化にしてください。
Windows7に内蔵されている無線LANアダプターを使って、iPhoneそれにiPodやiPadをインターネットへ接続させることができる(もちろん他のノートパソコンも接続させることが可能です)、ソフトウェアアクセスポイントを動作させる手順の説明です。
この機能はWindowsの共有接続NAT機能を使うので、複数台のネットワーククライアントを無線を中継してインターネットへと接続させることが可能になります。
ただ、暗号化方式がWPA2-PSKになりますので、PSPそれに任天堂DSは接続させることは出来ません。
注意事項、Windows7がAterm等のブロードバンドルータ環境にある場合、192.168.0.1を割り当てられない可能性があるので共有接続エラーになるかもしれません。詳しくはインターネット接続の共有を有効にするときにエラーが発生しましたをご覧下さい。
注意事項、ノートパソコンなら殆無線LAN内蔵になるのですが、デスクトップパソコンは別途無線LANをご用意頂く必要があります。この設定を行う前に必ずWindows7 ネットワーク接続画面の表示方法の手順を参考にワイヤレスアダプターがあることを確認してから作業願います。USB無線LAN等をご用意する場合は、USB無線LAN付属のユーティリティでアクセスポイントモードを簡単に動作させる事ができるので以下を参照頂く必要はありません。
ネットワーク接続画面にワイヤレスアイコンがあればソフトウェアアクセスポイントを以下の手順でご利用頂くことが出来ます。

まずソフトウェアAP(アクセスポイントモードを)動作させてください。

ソフトウェアアクセスポイント設定手順

まずWindows7のコマンド管理者モードで起動しなくてはならないのでそちらの手順から確認お願いいたします。
スタートから、全てのプログラムを開いて、アクセサリからコマンドプロンプトを右クリックして管理者として実行を選んでください。

コマンドプロンプトが起動したら次の手順でMicrosoft Virtual WiFi Miniport
Adapterを有効化にしssidと暗号化キーを設定してしまいます。

Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapter 有効化

Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapter をまず有効化にしてSSIDと暗号化キーを決めるのですが、任天堂DSでワイファイゲームをされる場合は暗号化キーは無しとしないとワイファイゲームに繋がらないのでご注意下さい。(もちろん暗号化キー無しだと不正アクセスされるのでご注意下さい。)
まず管理者モードで起動しているコマンドプロンプトに次の順番でコマンドライン入力作業を行って下さい。
netsh wlan set hostednetwork mode=allow Microsoft Virtual WiFi Miniport
Adapter を有効化にします。無効化にするにはnetsh wlan set hostednetwork
mode=disallowとすれば無効化に出来ます。

C:\Windows\system32>netsh wlan set hostednetwork mode=allowホストされたネットワーク モードは許可に設定されています。

次にSSIDを決めます。SSIDを決めない場合はパソコン名がSSIDとなりますが、パソコン名から不正アクセスされる場合がある為決めた方が良いとは思います。
netsh wlan set hostednetwork ssid=mypcieee
ssid=[任意のSSIDを指定します]この場合mypcieeeがアクセスポイント名になります

C:\Windows\system32>netsh wlan set hostednetwork ssid=mypcieeeホストされたネットワークの SSID が正常に変更されました。

暗号化キーを決めます。
netsh wlan set hostednetwork key=1234567890
key=[任意の暗号化キー(パスワード)]
設定可能なパスワードでが、(ユーザー セキュリティ キーには 8 ~ 63 個の
ASCII 文字から成る文字列を指定します。)とありますので。任意に8から63文字までの暗号化キーを設定することが出来ます。但し大文字小文字区別されるので、クライアント設定時の暗号化キー設定間違えないようにして下さい。
keyusage=persistent は必ず付加してください。keyusageを指定しない場合はtemporary一時的なパスワード設定とされてしまい継続的にWindows7のSoftAPを利用することができなくなります。

C:\Windows\system32>netsh wlan set hostednetwork key=1234567890 keyusage=persistentホストされたネットワークのユーザー キー パスフレーズが正常に変更されました。

SSIDと暗号化キーの設定が完了したら、Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapter
を開始させます。
netsh wlan start hostednetwork を入力してください。

C:\Windows\system32>netsh wlan start hostednetworkホストされたネットワークが開始しました。

以上でMicrosoft Virtual WiFi Miniport Adapterが開始となりました。後は共有接続設定をすれば作業完了になります。
ソフトウェアアクセスポイントモードを動作出来たら次のLAN環境別で共有接続設定を行います。

パソコンを無線LANでインターネットを繋いでいる

すでに無線インターネットで繋いでいる場合のアクセスポイントモード設定。

ワイヤレスネットワークが2つ表示されていると思います。SSID名が付加する方が子機側になる仮想無線LANアダプタです。よくわからない場合ワイヤレスネットワークの番号の若い方、例えばワイヤレスネットワーク2なら普通のワイヤレスネットワーク接続を右クリックします

プロパティを開きます

共有タブを開きネットワークの他のユーザーにこのコンピュータのインターネット接続を通しての接続を許可するにチェックを入れてOKを選んでもらえれば作業完了になります。

設定が出来たらこちらを参考に各種端末へのWi-Fi設定をしてください。

パソコンを有線LANケーブルでインターネットに繋いでいる

無線LANを内蔵しているが、有線LANケーブル又はPLCを利用してインターネットに繋いでいいる場合のアクセスポイントモード設定

共有接続設定を行わないとMicrosoft Virtual WiFi Miniport AdapterへのNATが有効にならないのでインターネットへと接続させることが出来ません。またMicrosoft Virtual WiFi Miniport Adapterとブリッジは出来ません。Windows7 ネットワーク接続画面の表示方法の手順でネットワーク接続画面を表示して下さい。
ネットワーク接続画面が表示されたら必ずMicrosoft Virtual WiFi Miniport Adapter アイコンが表示されていることを確認下さい。

問題なければ、WAN側接続となるローカルエリア接続もしくはワイヤレスネットワーク接続のアイコンを右クリックします。
よくわからない方は以下の図を参考にして下さい。

WAN側のアダプターが判明したら右クリックしてプロパティを開きます。

ローカルエリア接続もしくはワイヤレスネットワーク接続のプロパティー画面が開いたら共有を開き、ネットワークの他のユーザーにこのコンピュータのインターネット接続を通して接続を許可するにチェックを入れます。その下のネットワークの他の‥はチェックのままにしておいてください。

次にホーム ネットワーク接続のアダプターをMicrosoft Virtual WiFi Miniport Adapterに割り当てられたワイヤレスネットワーク名を指定します。
Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapter に割り当てされているワイヤレスネットワーク接続アイコン名は以下の様に設定したSSIDと共に表示されているので確認して下さい。

上記の場合ならワイヤレスネットワーク接続2になるのでこれを共有接続設定画面のホームネットワーク接続に指定し、OKボタンで閉じてもらえれば作業完了になります。

後は設定したSSIDアクセスポイントを無線クライアントから検索し、設定した暗号化キーでアクセスすればインターネットに繋ぐことが可能になります。

ただ、Windows7のNAT機能を使うので場合によっては一部コンテンツ接続時はポート開放作業が必要になるかも知れません。詳しくはWindows7ポート開放を参照下さい。

繋がらない場合はIPv6無効化

IPアドレスが取得できない状況が発生してインターネットに繋がらない場合は次のアダプターのIPv6プロトコルを無効化に設定して下さい。

  • モデム又は無線親機(WAN側)ローカルエリアかワイヤレス接続
  • 無線アクセスポイント(Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapter)のワイヤレス接続2


Windows7のIPv6プロトコル無効
説明は以上です。もしも上手く行かない場合は無線ルータを別途ご導入下さい。バッファロー製品であれば簡単に繋がると思います。

コメント

  1. ゆうま より:

    やはりセキュリティソフトに原因があるのでしょうか?
    作ったWiFi.batを実行すると、
    「安全でない無線ネットワークに接続しています。」
    という警告が出てしまいます。
    対策方法ありましたら回答を
    お願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました