Windows 7 ポート開放

Windows 7のパーソナルファイアウォールで通信を許可したいソフトウェアやアプリケーションを許可する設定の説明です。

Windows7の場合、プライベートネットワークとパブリックネットワーク(WAN:ワイドエリアネットワークかインターネットの事を言う)の二つの項目に分かれています。デフォルトチェックであるプライベートネットワークの項目にチェックが入っている事を確認しアクセスを許可するのボタンをクリックでWindows7のパーソナルファイアウォールのポート開放は完了になります。パブリックネットワークの方はネットワーク設定でパブリックネットワークを利用するとした場合のみチェックは必要なのですが通常図の様に空欄でかまいません。

もしも何らかの理由で個別のポートを開く必要がある場合はコントロールパネルから手動でファイアウォールの設定を変更してください。またウイルスセキュリティZEROやKingSoftを導入の場合はこれらのパソコンウイルス対策ツールに同梱のファイアウォールがあり二重ファイアウォールとなる為、Windows7のファイアウォールを完全に停止頂く必要があります

Windows7 手動ポート開放設定方法

スタートからコントロールパネルを開きます。

システムとセキュリティメニューをクリックします。

スポンサーリンク

次の画面にWindows ファイアウォールにあるWindowsファイアウォールによるプログラムの許可を選んでください。

スポンサーリンク

ファイアウォールを完全停止する方はこちらをご覧下さい。

次にプログラムやソフトウェア別ポート開放許可設定画面が出ますので、例えばリモートアシスタンス等を許可したい場合は以下の様にクリックして許可するのボタンをクリックしOKボタンで閉じれば設定完了になります。

補足:再度ポートを閉じる場合は許可したチェックをクリックして外せばポートを閉じる事が出来ます。なのでルータ側でポート開放しても下の作業でシステム側でポートを手動で閉じる事も可能。

アプリケーション名が無い場合

上の登録リストにポート開放したいソフト名やアプリケーション名が無い場合は手動で追加して許可設定する事が出来ます。

上記リスト画面のその他のプログラムボタンをクリックしてください。

以下の一覧が出ますのでポート開放したいアイコン(アプリケーション)をクリックして追加すればポートを開放する事が出来ますが、もしも一覧にも無い場合は参照ボタンから手動でポート開放するアプリケーションを指定します。

以下の様にポート開放したいアプリケーションの実行ファイル(exe)を選んで開くを選択します。

一覧に上記で選択したアプリケーション名(アイコン)が追加されるのでクリックして選択し追加ボタンをクリックします。

以下のプログラム別許可リストに反映されるのでOKボタンで閉じて作業完了になります。(注:パブリックにチェック入ってなくとも大丈夫です。)

説明は以上です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする