スポンサーリンク

CTUに任天堂Wiiへ全てのポート転送を割り当てる

Wiiのポートしか開く必要がないユーザーは以下の手順でポートを開く事が出来ます
パソコンでサーバの運営やWEBカメラ、PSPやプレイステーション等のご利用が無い場合の設定手順説明です。
もしも将来的に、他の機器へのポート開放設定が必要になった場合は以下の設定を削除頂いて改めて新規に静的アドレス変換設定を行ってください。
注)未だIPアドレスの固定作業が完了していない場合はWiiのIPアドレス固定説明を参照し先に準備を完了してください
設定手順の説明
まずプロトコル項目からTCP/UDPの両方を選択下さい。


Wiiへ外部アクセスリクエストポートを全て転送(開放)する設定です。
プロトコル:TCPとUDP両方選択します。
ポート番号を入力にクリックしてチェックを入れます。
開始:1 終了:65535 と入力します。(図は0から開始となっていますが1からとして下さい)
LAN側端末IPアドレス:192.168.24.60 (Wiiへ固定したアドレスを入力します。)
入力できましたらOKボタンをクリックしてください。
CTU ポート全開
以上で設定完了なのですが、CTUにはファイヤーウォールサービスが付加していますので、まず設定反映作業します。設定を反映できましたらファイヤーウォールを無効化し作業完了です

コメント

タイトルとURLをコピーしました