スポンサーリンク

CTUのポートを全開にする方法

何かの理由でポートを全開にしたい方向けの説明です。
開くIPアドレス番号がわからない場合や、二重ルーティング環境でファーストルータのルーティングを使用しセカンドルータであるCTUのポートを全開にする際に利用する事が出来ます。
この設定を行うと、IP電話等が使用できなくなる可能性があるのでご注意下さい。もしくは、他のUPnPアプリケーション(PSPのゲーム等)や他の機器でのポート開放が出来なくなります。
確認)全開にする場合もIP固定化とDHCP登録作業が必要になります。
設定手順
まずログインできましたら、詳細設定ボタンから以下の図の通り設定下さい。
優先順位は全開なので1を指定

プロトコルTCPでポートを全開にする場合は以下の通りになります。
優先順位 1
適用する接続先 接続先1 (任意で接続設定を指定している番号があればそちらを選択)
プロトコル TCP
ポート番号 ポート番号を入力をクリックしてチェックを入れ 開始 1 終了 65535 とします。
LAN側端末IPアドレス パソコンもしくは開放する機器のIPアドレスを指定
入力できましたらOKボタンをクリックして、前のページに戻るので左メニューの戻るボタンをクリックして設定反映ボタンをクリック。ルータが再起動すれば作業完了です。

プロトコルUDPでポートを全開にする場合は以下の通りになります。
もしTCPを1にして、さらにUDPも全開にする場合は設定順位2としてください。
設定反映方法は上のTCPでの説明を参照下さい。

簡単ですが説明は以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました