WindowsのIPアドレス固定する方法一覧

ポート開放を行う為のローカルIPアドレスを固定する説明の一覧です。

スポンサーリンク

その他のシステム

(任天堂関連はルータ側のDHCPによる固定IP割り当て機能を使います。但しバッファロー関連のルータやNTTの一部ルータは対応していません。)

スポンサーリンク

ご注意:インターネットに繋がっていないのにIPアドレスが固定できないご質問多数頂きます。まずはパソコン以外で設定を参照される方は正しくインターネット接続させてからご覧下さい。

IPアドレスを固定するのはなぜ?

IPアドレスを固定しなくてもポート開放は可能です。しかしながら、一般的にパソコンのIPアドレスは「自動取得」に設定されているので、家庭内でルータ接続しているパソコンが複数存在する場合、IPアドレスは常に動的に割り当てられる事が多々あります。

コレガ製ルータの場合、以下の様なトラブルは発生し難いですが、バッファローやaterm、NTT系ルータはパソコンが複数存在する場合、何かの理由でルータが再起動したりするとパソコンへの割り当てIPが変動する事があります。

その場合、せっかく開放設定した(例:192.168.1.2を指定してポートを開放)のに、翌日は192.168.1.3のローカルIPアドレスが割り当てられてしまうとポートは閉じてしまいます。これらを回避するのがローカルIPアドレスの固定設定となります。

またIPアドレスを固定して、変更する事により普段ポート開放環境が必要の無い場合、ルータに開放指定しているパソコンのIPアドレスとは別のIPアドレスを固定する事により、ポートを閉じる事が出来ますので安心してインターネットに繋いでおく事が出来ます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする