光LINKルータ W200 PPPoE設定やプロバイダ変更設定

光LINKルータ W200 無線ブロードバンドルータをお使いでPPPoE接続をさせたい場合や、プロバイダを変更したい場合の作業手順の説明です。フレッツ光はプロバイダを好きな提供会社へ変更できるのでもしもオンラインゲームのラグ等でバックボーンの大きいISPへ変更されたい場合はこちらの手順で変更可能です。

変更可能プロバイダはフレッツ光対応プロバイダ全てが対象です。代表的なものならOCN、ODN、NIFTYやBiglobe。SO-NET等も安くてお勧めです。

設定する前にかならずプロバイダ契約情報が必要です。接続IDまたはアカウント名と接続パスワードまたはログインパスワード情報が必要です。くわしくはPPPoE広帯域接続に必要なIDとパスワード

設定画面を開きます

このブロードバンドルータにPPPoE接続を指せる場合は必ずルータモードで有る必要があります。LANケーブル挿し込む本体の裏側のこのスイッチをONの状態にして下さい。

次にhttp://192.168.1.1/のURLをブラウザから開きます。ユーザー名はrootのみでパスワード空欄で設定画面を開くことが出来ます。詳しくはポート開放を参照下さい。設定画面が開いたらプロバイダ変更の方はこちらから参照下さい。

スポンサーリンク

初めて設定する場合

初めて設定する場合はインターネット接続設定を行う画面が表示されます。Bフレッツ/フレッツADSLにチェックのまま

  1. 接続先ユーザー名を入力します
  2. ドメイン名を入力します。例、ocn.ne.jp(契約書面に記載あります)
  3. 接続パスワードは同じものを二段入力します。
  4. フレッツスクウェアはインターネット設定ではないので使用しない(後から設定可能です)
  5. 進む

確認中から接続成功ですと表示されたら閉じるで作業完了になります。これでインターネットを見られる状態ですしWi-Fi無線も使える状態になります。失敗した場合はIDかパスワード間違いですので再度戻って設定しなおししてください。特にノートパソコン等でしたらパスワード項目がnumlock関連で英文字が数字で入ってしまっている問題などもあります

スポンサーリンク

プロバイダを変更する場合

プロバイダを変更する場合は、変更先プロバイダの書面や発行されたIDとパスワードを元に次のメニューから接続設定を変更します。Internet/LANメニューを開きPPPoEを開きます。ブラウザによっては画面が隠れている事があります。もしもPPPoEが隠れている場合はブラウザを変えてみて下さい。表示されたら接続先の編集ボタンを開きます

新規追加でも構わないのですが、ポート開放関連で複雑化するので既存の設定を修正説明で作業下さい。

PPPoE接続先の修正項目です。次の項目を変更します

  1. 接続先ユーザー名、必ずドメイン名まで変更下さい。詳しくはご契約書面に記載あります。

    例、ocnisp@con.ne.jp

  2. 接続先パスワードは発行された接続またはログインパスワード同じものを入力します。
  3. 修正保存を選びます

以上で変更作業完了です。

左上のトップを表示し図の接続状態の項目で通信中なら変更作業完了です。もしも停止中なら接続に失敗していますので再度接続修正から正しく接続設定を修正しなおししてください。

NTT公式ネットワーク機器になるので電話でも簡単に接続設定サポートを受けることが出来ます。代表0120116116へ連絡して見て下さい。説明は以上です。

その他の説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする