光LINKルータ W200 無線LAN設定Wi-Fiつなぎかた

光LINKルータ W200 無線ブロードバンドルータにPSPやDSそれにAndroidスマートフォンやタブレットを繋ぐ手順の説明です。この製品はバッファローOEM提供製品なのでAOSSボタン設定で無線接続を行えるのですがそれ以外の端末は暗号化キーをルータの設定画面で確認してから作業する必要があります。手動設定される方はパソコンをご用意下さい。

本体のAOSSボタンを確認します

ルータ本体のランプ類上に小さなボタンがAOSSボタンです。対応端末の画面指示に従ってこのボタンを長押ししSecurityランプが点滅するばで押して離します。後は自動的に無線接続設定が完了しインターネットに繋いで楽しむことが可能になります。

上記ボタン位置を確認したら各種バッファロー無線設定を参考にWi-Fi設定を行なってインターネットに繋ぐことが可能です。AndroidスマートフォンとタブレットもこちらのAOSSアプリをセットすれば上記ボタンで簡単に接続させることが可能です。

手動で設定する方は次のSSIDとパスワード(暗号化キー)をルータの設定画面の中から目視確認してから作業頂けます。

スポンサーリンク

SSID名とWEPキーを確認する

まず光リンクルータに繋いでいるパソコンから設定画面を開きます。詳しくはポート開放を参照下さい。(設定画面開かない場合エラーページを表示できませんとなる場合はルータスイッチをONに一時的に切り替えて下さい。)設定画面が開いたら右下のAOSS設定情報ボタンを開きます。

WEP専用SSIDの暗号化レベル停止中からWEP64に切り替えて設定ボタンを選んで下さい。

上記設定作業が完了したら暗号化レベルWEP64現在使用中と表示に切り替わると思います。その項目にあるSSID番号と暗号化キー1行目(スマートフォンとタブレットのパスワードになります)を控えます。

上記情報を確認したら端末別にWi-Fi設定を行うことが可能です。

各種端末別の説明を参考に設定ください。

スポンサーリンク

  1. AndroidAOSSアプリを参考に設定ください)タブレットの場合はもしかしたら手動の方がいいかもしれません。
  2. iPhone、iPod、iPad(手動設定になります、次のSSIDとKEY説明を確認)
  3. パソコンの方は型番別リンクにある公式マニュアルを参考に繋いでください。
  4. 無線不安定対策勝手にログアウトするなど

Androidスマートフォンとタブレット

手動設定する場合設定から無線とネットワークを開きモバイルネットワークからデータ通信を有効にするのチェックを外します。

次に設定から無線とネットワークを開きWi-Fi設定に戻ってWi-Fiにチェック入れ本体設定画面で確認したこちらのSSDI名をタッチ。

パスワードも同様に本体記載のKEYを入力します。こちら

以上でWi-Fi接続設定は完了です

iOS(iPod iPad Iphone)

iOSをWi-Fiで繋ぐ場合はまず3G通信を切ってしまってください。iPhoneを参考

Wi-Fiメニューをタッチします。Wi-Fiは必ずオンとしてください。ネットワークを選択と言うメニューにWi-FiネットワークのSSIDこちら番号をタッチして同項目で確認したKEYをパスワードに入力すれば設定作業完了です。

説明は以上です。その他テレビやビデオレコーダを無線で繋ぎたい方はコンバータが必要です。テレビやビデオを繋いでインターネットを楽しみたいを参照下さい。

通信が不安定になる場合

何らかのサービス例えば人気のピグライフやPS3等が自動的に切断される場合やログアウトする場合は無線チャンネルを固定設定に変更してみて下さい。ルータ設定画面の無線設定から基本(11n/g/b)メニューを開き無線チャンネルを自動から7/6/5番辺りに変更しページ下の設定ボタンを選んで下さい。

上記を設定しても突然通信が切れる場合は恐らくエコモードの問題だと思います。念の為PPPoEブリッジ接続などで光回線本体に問題は無いかを確認の上、こちらのエコモードを設定している場合は無効化に変更下さい。

一応この商品はNTT公式ネットワーク機器になるので問題解決しない場合は公式サポートを受けることが出来ます。代表0120116116へ連絡して見て下さい。

その他の説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする