プラネックス MZK-W04NU ポート開放説明

プラネックスMZK-W04NUブロードバンドルータのポート開放手順の説明です。

設定前に必ずインターネット環境がグローバルIPアドレス割り当て契約且つシングルルータ環境であるかをご確認ください。

準備 IPアドレスを固定します

まずポート開放するパソコンのIPアドレスを固定ください。

IPアドレス:192.168.1.20

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.1.1

DNS:192.168.1.1

代替DNSは空欄で構いません。

固定できたら必ずパソコンを再起動してください。

スポンサーリンク

ルータのせってい画面を表示してポート開放する

まずルータにログインします。

ルータ設定画面ログイン方法【 http://192.168.1.1/ 】このアドレスをクリックもしくはInternetExplorerのアドレス欄に入力しEnterキーを押します。

ログイン画面が表示されるので

ユーザー名 Admin

パスワード password

【OK】をクリックすると表示されます。

設定画面が開きましたら、メニューにあるセキュリティからローカルサーバをクリックしてください

スポンサーリンク

ローカルサーバ設定画面が開いたら練習用にWEBサーバのポート開放を例に説明します。ANHTTPDならインストール不要でWEBサーバを動作させてポート開放出来ているかを確認できるので便利です。

  1. プロトコル項目はTCPを指定
  2. WANポート80-80と入力
  3. サーバIPはドット入力不要です192.168.1.20と入力します
  4. サーバポートも80-80と入力します。(LAN側ポート番号)
  5. 必ずチェックを入れてください
  6. 適用をクリックで作業完了です

UDPポートを開放してみよう

UDPポートの質問が多数あるので、こちらも練習用に設定してみましょう。

xlinkkaiの手順で説明します。

xlinkkaiの場合はUDPプロトコルのポート番号30000となります。

  1. プロトコル項目はUDPを指定
  2. WANポート30000-30000と入力
  3. サーバIPはドット入力不要です192.168.1.20と入力します
  4. サーバポートも30000-30000と入力します。(LAN側ポート番号)
  5. 必ずチェックを入れてください
  6. 適用をクリックで作業完了です

その他のUDPポートを開放したい場合は30000を開放したいポート番号に変更して入力すれば出きます。

後はこちらのUDPポート開放チェックツールで30000と手動ポートに入れ替えて回線チェックします。チェック結果の方に手動ポート利用可とあれば作業完了になります。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする