MZK-W300NH3 ポート開放の説明

プラネックスルータながらアクセスポイントと無線LANコンバータとしても使うことが出来る無線LAN対応ルータMZK-W300NH3ポート開放説明です。

特徴としましては、IEEE802.11b/g無線通信に対応する他、IEEE802.11n(最大300mbps)無線通信に対応の他、モデムと繋ぐInternetポート(WANポート)とは別にLANポート(パソコンやPS3を有線LANで繋ぐ差し込み)が4つ搭載されている、無線LAN/有線LANハイブリッドモデル。

この製品を購入をお考えの場合MZK-W300NH3アマゾンユーザーレビューが参考になると思います。

準備IPアドレスを固定する

ポートを開放する前の準備としまして次の様にパソコンのIPアドレスを固定してから設定下さい。(プラネックス製品は必ずInternetExplorerブラウザ設定ください。)

IPアドレス:192.168.111.30

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.111.1

優先DNS:8.8.8.8

代替DNS:8.8.4.4

IPアドレスの固定ができたら必ずパソコンを再起動下さい。もしもIPアドレスを固定するとインターネットに繋がらなくなる場合はMZK-W300NH2がブリッジモードで動作している可能性があります。その場合固定したIPアドレスは自動取得に戻して上流にあるブロードバンドルータの型番を確認してそちらにポート開放して下さい。

スポンサーリンク

MZK-W300NH2の設定画面を表示する

http://192.168.111.1/InternetExplorerのアドレス欄にアドレスを入力し、Enterキーで表示する事が出来ます。

ユーザー名&パスワード入力画面が表示されます。

ユーザー名 admin

パスワード password

スポンサーリンク

ログイン画面ではなくエラーとなる場合はルータにログインできないページを参照下さい

設定画面が表示されましたら、セキュリティから仮想サーバを開いてください。

仮想サーバメニューの次の項目に必要な情報を入力してポートを開放することが出来ます。

仮想サーバポート開放設定

仮想サーバへのポート開放設定例です。WEBサーバ用のTCPプロトコル80番ポートを用いて説明します。WEBサーバはANHTTPDサーバソフトを導入すれば試す事が出来ます。

  • 仮想サーバを有効にするにチェックを入れます
  • IPアドレスがポート開放するクライアントアドレス192.168.111.30
  • ポート番号の範囲:80-80
  • コメント任意の文字
  • 適用

以上で設定完了となります。

範囲設定する場合、例えばFTPポート20/21を設定する場合。FTPサーバはBJDで運用出来ます。

  • 仮想サーバを有効にするにチェックを入れます
  • IPアドレスがポート開放するクライアントアドレス192.168.111.30
  • ポート番号の範囲:20-21
  • コメント:ftp
  • 適用

ポート範囲に値の小さいポート番号を指定し終了側に値の大きなポートを指定することで範囲設定を行うことが出来ます。

以上で設定完了となります。

その他のポート開設定例

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする