MZK-WG300NX ポート開放の説明

プラネックスの複合ネットワーク機アクセスポイントと無線LANコンバータとしても使うことが出来る無線LAN対応ルータMZK-WG300NXポート開放関連の説明です。特徴は通常の100Mbpsまでのインターネット回線やDOCOMOの4G通信USBモデムを取り付けられる点、無線通信に付きましては最大300Mbpsまでに対応(IEEE802.11nモード時)。備考、ルータのファームウェアの動作がやや不具合を抱えている様子なのでもしもこれからこのルータを選ぶ場合はアマゾンのPLANEX MZK-WG300NX ユーザーレビューを確認下さい。

設定画面開き方

基本的にポート開放の説明なのですが少々複雑なのでとりあえず設定画面の開き方から説明します。まず上流にすでにブロードバンドルータが存在する場合は基本的にアクセスポイントモードとなりますのでポート開放される場合は上流のルータへ設定下さい。

まずルータモード動作時の設定画面の開き方です。http://192.168.111.1/またはhttp://mf.setpu/のURLを開いてログイン画面を表示します。ユーザー名パスワードはこちら共通です。

上記で開かない場合は自動的にAPモード(ブリッジモード)動作となっています。パソコンのIPアドレスをまず確認します。コンバータ設定の方も同手順です。XPのIPアドレス確認 / Windows 7 IPアドレスの確認

スポンサーリンク

確認できたIPアドレスの3つ目の値に併せてこのMZK-WG300NXのアクセスURL(パス)が変更異なります。備考ここの手順でルータの設定画面を開く場合はこのルータへのポート開放設定は不要です。上流ルータに設定作業下さい。

パソコンのIPアドレス MZK-WG300NXアクセスURL
192.168.1.2 192.168.1.250
192.168.0.2 192.168.0.250
192.168.3.2 192.168.3.250
192.168.11.2 192.168.11.250
192.168.24.51 192.168.24.250

以下の用にログイン画面が表示されたらアクセス成功です。ユーザー名admin、パスワードpasswordでログインし設定画面を開くことが出来ます。

準備

ポートを開放する前の準備としまして次の様にパソコンのIPアドレスを固定してから設定下さい。(プラネックス製品は必ずInternetExplorerブラウザ設定ください。)備考パソコンのIPアドレスを確認した時こちらの手順で設定画面開く場合はこちらに設定しても無意味ですしインターネットへ繋がらなくなりますのでご注意下さい。

スポンサーリンク

IPアドレス:192.168.111.50

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.111.1

優先DNS:192.168.111.1

代替DNS:空欄。

ポート開放設定例

こちらを参考にルータの設定画面を表示して下さい。

ログイン画面ではなくエラーとなる場合はルータにログインできないページを参照下さい

設定画面が表示されましたら、セキュリティから仮想サーバを開いてください。

仮想サーバメニューの次の項目に必要な情報を入力してポートを開放することが出来ます。

  1. 仮想サーバを有効にする必ずチェック
  2. IPアドレスは準備の項目で設定頂いたIPアドレス等
  3. アプリケーション指定のプロトコルを選択。指定ない場合はTCP/UDP両方設定出来るので両方を選んで下さい
  4. ポート番号の範囲は単一なら同じ番号、範囲なら指定の範囲を入力
  5. コメントは念の為分かりやすものを指定下さい。例any
  6. 適用で設定反映出来ます。

仮想サーバ設定例

設定サンプルとしましてWEBサーバ用のTCPプロトコル80番ポートを用いて説明します。WEBサーバはANHTTPDサーバソフトを導入すれば試す事が出来ます。

  • 仮想サーバを有効にするにチェックを入れます
  • IPアドレスがポート開放するクライアントアドレス192.168.111.50
  • プロトコルTCP
  • ポート番号の範囲:80-80
  • コメント任意の文字
  • 適用

以上で設定完了となります。

範囲設定する場合、例えば何らかのストリームポートで範囲指定する必要がある場合。例8000-8080全ての範囲とした場合

  • 仮想サーバを有効にするにチェックを入れます
  • IPアドレスがポート開放するクライアントアドレス192.168.111.50
  • プロトコルTCP
  • ポート番号の範囲8000-8080
  • コメント:any
  • 適用

ポート範囲に値の小さいポート番号を指定し終了側に値の大きなポートを指定することで範囲設定を行うことが出来ます。

以上で設定完了となります。

その他のポート開設定例

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする