Windows8 ネットワーク接続画面の表示方法

少し手順が複雑なWindows8のネットワーク接続を表示する手順の説明です。スタートメニューが省かれているのですが、右側にコントロールパネルを表示できるメニューがあるので、まずそちの説明から始めます。

コントロールパネルの開き方

まずスタートボタンからコントロールパネルを表示する必要があります。右下の「-」にマウスのカーソルを合わせます。

メニューがスライドして表示されます。その中にあるギアみたいなアイコンの設定と言うメニューを開きます。

設定メニューを開くと、上の方にコントロールパネルがあるのでそれをクリックします。

ようやくコントロールパネル画面が出てきます。

スポンサーリンク

ネットワーク接続画面を表示

コントロールパネル画面が表示されたら、ネットワークとインターネットを開きます。

ネットワークとタスクの表示を開きます。

アダプタの設定の変更を開きます。

ここでようやくLANアダプタの状態を確認できます。ここにLANアダプタがワイヤレス含む3つ以上あると不具合が起きやすいです。もちろんhamachi、virtualadapter等が存在する場合もそれの個数に含めます。不必要なアダプタは右クリックで無効化することで正常なLANアダプターの個数2個以内とすることで通信を安定させることが出来ます。LANアダプタアイコンの種類はWindows7と同じです。Windows7 ネットワークアダプタの説明

説明は以上です。ネットワーク接続 (IP自動取得やネット不安定の確認)へ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする