フレッツ光プレミアム2019年1月31日サービス終了 契約&ルーターを変更する必要があります

NTT西日本が提供する光回線「フレッツ光プレミアム」が2019年1月31日を持ちましてサービス終了します。

「フレッツ・光プレミアム」の提供終了およびご利用中のお客さまへの「フレッツ 光ネクスト」のご案内について

サービス終了に伴いCTUは使えなくなります。またフレッツ光ネクストかYAHOO光やau光等へお乗り換え頂く必要があり且つ契約サービスによっては新しいルーターを別途ご用意頂く場合もあります。

ご自宅にCTUと言うモデム兼用ルーターが設置されている方は「フレッツ光プレミアム」契約なので速やかにNTT(0120116116)へご相談ください。

写真の右側にあるパネルが黒色でボディは白色の通信機器がCTUです。

2017-ntt-201706151

フレッツ光プレミアムから他の回線に移行するには

フレッツ光プレミアムから他の回線へ乗り換える際に必要になる設定等をお伝えします。

乗り換える時期は早ければ早いほど良いです。この記事をご覧になられた方は今すぐにでも回線移行を申し出てください。

地方に居るご両親のインターネットがCTU(フレッツ光プレミアム)だった場合、回線を丸ごと移行させるのが無難です。au光なら面倒なPPPoE接続設定は不要なのでお勧めだと思います。

プロバイダ変更は?

NTTが提供するフレッツ光ネクストやv6プラスに乗り換えるならプロバイダは同じプロバイダで構いませんが、回線サービスが変わる事をプロバイダへ伝えて回線タイプを変更してもらわなければ繋がらなくなるのでご注意ください。

プロバイダへ回線サービスを切り替えて欲しいとお伝えする流れ

スポンサーリンク

  1. NTTへフレッツ光ネクストへ移行する事を伝える
  2. NTTから回線サービスを切り替える日時の連絡を受ける
  3. プロバイダへ連絡し回線サービスが切り替わる日時を伝えて契約変更を依頼する
  4. 回線サービス切り替えと同時に用意したルーターを回線終端装置に繋いでルーターPPPoE接続設定する
  5. 後日CTUを返却する

フレッツ光プレミアムからauやドコモそれにソフトバンク等の携帯電話契約とまとめてしまう場合は回線そのものを改修するので、契約しているプロバイダ(例、OCNやニフティ、ビッグローブやソネット)は解約する必要がある

回線改修と同時にモデムやルーターの設定をやって頂けるので個人で設定する作業はLANケーブルをルーターに繋いだり無線LAN接続設定程度。

ルーターを買わなければいけない?

CTUにはルーター機能が内蔵されているので、サービス終了と同時に返却する必要があるのでご自宅にルーターが無ければ別途購入する必要があります。

もしルーターを用意していなければ回線終端装置にパソコンやPS4をLANケーブルで直結させてPPPoE接続設定を作れば一台だけはインターネットに繋ぐ事はできる

用意するルーターはWAN側ポートが1000Mbps対応のものでなければならない、安い製品だと100Mbpsまでの速度にしか対応していないのでインターネットには繋がるが速度が100Mbps上限となるのでトラフィック損失を招く。

詳しくは「お勧めの無線LAN親機を教えて欲しい 購入時の注意点やメーカー別の利点等を説明」をご覧ください。

NTT西日本 CTUやモデムの返却

フレッツ光ネクストの場合、モデムはNTT側が交換に訪れて作業してくれるはずですので返却不要ですがCTUは返却する必要がある。

回線そのものをauやソフトバンクそれにドコモへ変更する場合はCTUもモデムも返却する必要があります。返却しないと何時までもリース料金を取られ続けます

返却方法は「設置・ご返却」をご覧ください。

最後に、何かわからないことがあればコメント欄へご質問ください。例えば無線LANオプションが必要なのかどうか等、ネット用語は分かり難いのでKagemaruへ気軽にご質問頂ければお調べ致します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする