PR-S300HI UPnP PPPoEブリッジ無効

PR-S300HIのプレイステーション3ポート開放する場合に必要なUPnP無効化方法と、ルータ機能として動作しなくなるPPPoEブリッジ機能を無効化にする手順の説明です。

ルータの設定画面を表示する

PR-S300HI ポート開放設定を参照しパソコンもしくは家庭用ゲーム機から設定を行うことが可能です。

UPnPを無効にする

プレイステーション3でポート開放を行いたい方は以下の説明を参考にUPnP機能を無効化にしてください。

高度な設定メニューを開いてUPnPを使用するのチェックを外し、画面したの設定ボタンを選んで作業完了です。

有効化に切り替える場合はチェックを入れてれば有効化になります。

備考:UPnPを無効にするとパソコンのメッセンジャーが使えなくなったり、任天堂WiiやDSそれにPSPのオンラインコンテンツ接続時エラーになる場合があるのでプレイステーション3利用しない場合は上記項目にチェックを入れて有効化にして必要時切り替えて設定ください。

スポンサーリンク

PPPoEブリッジの無効

もともとフレッツ利用していた環境で、このルータが設置された場合、パソコン側でPPPoE広帯域接続を削除せずにインターネットを利用するとPR-S300HIはルータとして機能しません。以下の説明を参照しPPPoEブリッジを無効にし指定されたネットワーク設定を変更する事でルータとして複数家庭用ゲーム機や他のパソコンをインターネットに繋ぐことが出来るようになります。

手順

高度な設定から次のPPPoEブリッジ使用するのチェックを外し設定を選んでしばらくしてからPR-S300HIの主電源をOFF。1分してから電源ON。その間パソコンの広帯域接続設定を削除して作業完了になります。広帯域接続削除はこちらを参考にしてください。ネットワーク接続 (IP自動取得やネット不安定の確認)

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする