PR-S300HI ポート開放設定

*

PR-S300HI ポート開放設定

公開日: : 最終更新日:2014/07/18 ポート開放

PR-S300HIと言うNTTの光電話インターネット契約時に設置されるブロードバンドルータのポート開放設定手順の説明です。WEBサーバを公開する場合やネットワークカメラを設置し自宅外からアクセスする場合に必要な作業になります。

準備 IPアドレスを固定する

準備作業としてポート開放するパソコンのIPアドレスを固定してください。

IPアドレス:192.168.1.20

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.1.1

DNS:192.168.1.1

代替DNSは空欄で構いません。

固定できたら必ずパソコンを再起動してください。

ルータの設定画面を表示する

次にルータの設定画面を表示します。

http://192.168.1.1/又はhttp://ntt.setup/とブラウザのURL欄に入力しEnter

以下のログイン画面が表示されるので、ユーザー名とパスワードをそれぞれ入力します。

ユーザー名:user

パスワード:自分で最初に設定したパスワード(注意最初から何か入っている場合はそのままログインしてください)

もしも上記ログイン画面ではなくエラーとなる場合はルータにログインできないページを参照下さい。

ポートを開放する

ルータにログインできたら以下の手順でポートを開放します。まずルータのメニュー静的NATメニュを開きます。

静的NAT画面が開いたらエントリ番号1から2・3・4とありますのでまず1番を選択して設定を行います。(注意いきなり10等に飛んで設定してはいけません。)

尚、混乱する話ですみませんが静的NAT設定のエントリ以外に、ワンタッチ設定からもサーバ関連の設定が可能です。ワンタッチ設定でFTPサーバを公開するサンプル記載しておきますのでそちらのご参考までに

サンプル設定としてWEBサーバのポート開放を例に説明します。ANHTTPDならインストール不要でWEBサーバを動作させてポート開放出来ているかを確認できるので便利です。

上設定入力の説明

優先順位:1

優先順位は1から99まで指定出きます。基本的に最初の設定は1を指定。追加の設定あれば2・3・4・5と繰り上がって設定します。0を指定すると無効化になりますし、優先順位が飛び順となっても好ましく無いですのでご注意ください。

接続インターフェース名:メインセッション

接続設定の存在する名称です。デフォルトでは接続先を変更する必要はありません。

宛先IPアドレス:192.168.1.20

ここはポート開放したい機器に割当のあるローカル側のIPアドレスを指定します。

変換対象IPアドレスはここは変更しません。必ず自分のWAN側IPアドレスを指定してください。

変換対象プロトコル:TCP

アプリケーション指定するプロトコルを設定します。TCPかUDPの何れか。

変換対象ポート:80

外部から待受通信対象ポートを指定します。WEBサーバなので80としましたが、任意のポート番号に変更、ANHTTPDも同任意のポート番号に変更して試すことも可能です。

入力でできたら設定ボタンを選択し作業完了になります。後はパソコン側のセキュリティ環境等をチェックしパーソナルファイアウォール等あればそちらの設定も変更頂く必要があります。

UDPポートを開放

UDPポートの質問が多数あるので、こちらも練習用に設定してみましょう。

xlinkkaiの手順で説明します。

xlinkkaiの場合はUDPプロトコルのポート番号30000となります。後はxlinkkaiをセットしたパソコンのIPアドレスを冒頭あった値192.168.1.30に固定化して以下の通り入力すれば出来るようになります。

その他のUDPポートを開放したい場合は30000を開放したいポート番号に変更して入力すれば出きます。

後はこちらのUDPポート開放チェックツールで30000と手動ポートに入れ替えて回線チェックします。チェック結果の方に手動ポート利用可とあれば作業完了になります。

ワンタッチ設定によるFTPサーバ公開サンプル

ワンタッチ設定でFTPポートを簡単に転送させることが可能になります。静的NAT設定の次の図をご覧下さい。

WEB・FTPサーバを簡単に動作させることが出来る設定が存在します。

それではBJDを用いてFTPサーバのポート開放を行ってみましょう。

BJDのFTPサーバ設定が完了したら以下の様に冒頭説明した固定IPアドレスを入力するだけです。

手順はFTPサーバを外部に公開するにチェックを入れ、固定したIPアドレス192.168.1.20と入力し設定を選択すれば作業完了になります。

説明は以上です。

その他の設定 ダウンロード

関連記事

no image

LAN-W300N/R ポート開放

ロジテック(エレコムOEM提携販売商品)LAN-W300N/Rと言う無線ブロードバンドルータのポート

記事を読む

no image

Pocket WiFi GL10P ポート開放

イーモバイルのPocket WiFi GL10P(本体製造元はファーウェイです。ファーウェイGL10

記事を読む

no image

Aterm WR8100N ポート開放

NEC無線LANルータAterm WR8100Nのポート開放説明です。説明を参照する前に必ずポート開

記事を読む

no image

USIMカード対応 Wi-Fi SoftBank 006Z ポート開放

ソフトバンクモバイルブロードバンドルータWi-Fi SoftBank 006Zのポート開放手順の説明

記事を読む

HWD15本体

通信制限無しのWiMAXも高速LTEも使えるauのHWD15ポート開放設定の説明

auから2014年8月発売されたマルチキャリア通信対応のファーウェイ製品モバイルブロードバンドルータ

記事を読む

no image

Aterm WR8400N PPTPポート開放

Aterm WR8400N環境にあるVPNサーバへPPTP接続を転送させるためのポート開放手順です

記事を読む

no image

CATV ポート開放

CATV回線ご利用で、ポート開放の説明を希望される事が多々ありますが、基本的にCATVモデムにはルー

記事を読む

WRC-2533GXBK 本体

エレコム WRC-2533GXBK WRC-1900GXBK WRC-1267GXBK 家電とスマホ連携出来るAlljoyn対応無線LANのポート開放設定の説明

エレコムからまた一挙に3商品の新しい無線LANブロードバンドルータが2016年2月発売となります。今

記事を読む

no image

AirMac Express ポート開放

AirMac Expressのポート開放設定の説明とその他初期設定や無線LAN設定手順の説明です。A

記事を読む

no image

GL01P UDPポート開放

GL01Pイーモバイル4G通信対応無線ブロードバンドルータにつないでいるパソコン上で動作させるUDP

記事を読む

Comment

  1. おじさん より:

    この方法のとおり試しましたがポートが開放されません

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



エレコムWRCシリーズ 300FEBK-S 1167FEBK-S 1167GHBK-S 1467GHBK-S 1900GHBK-S ポート開放設定説明

エレコムは2016年11月にWRCシリーズという無線ルーターを一挙5製

ケーブルテレビ・インターネットモデムBCW720Jのポート開放設定の説明

ZAQやJCOMインターネットご契約時にレンタルされるモデム兼用ブロー

wg2600-001002
4×4 MIMO対応高速無線ルータWG2600HPのポート開放手順の説明

2016年10月にWG2600HPの新型「WG2600HP2」が発売さ

WiMAXルーターnovas Home+CA ポート開放設定の説明

WiMAXキャリア専用のWi-Fiブロドバンドルーター「novas H

novas Home+CA Wi-Fiのつなぎ方

シンセイコーポレーションから2016年10月に発売された無線LANの電

→もっと見る

PAGE TOP ↑