RT-400MI ポート開放

NTTブロードバンドルータRT-400MIのポート開放手順の説明です。RT-400MI公式マニュアルはこちら

フレッツ光ひかり電話対応ブロードバンドルータになります。このモデルは今回線終端装置が別に自宅に設置があるかたで、買い替えを検討されている方にご利用頂けます。こちらの商品もらくらく無線LAN対応ですが別途SC-40NE無線LANカードを本体に取り付ける必要があります。

設定の準備

まずポート開放するパソコンやその他クライアントのIPアドレスを固定してしまいます。

以下の様にIPアドレスを固定した状態で説明させて頂きます。(Windows7

IPアドレス:192.168.1.60

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.1.1

優先DNS:192.168.1.1

代替DNSは空欄のままで構わないです。

設定完了しましたら、必ずパソコンを再起動してください。

もしも、上記の設定を行ってWEBページが見れなくなった場合、DNSアドレスをプロバイダ指定のDNSに書き換えてください。WEBサイトが見れない

スポンサーリンク

ポート開放の手順説明

以下のアドレスをInternetExplorer等のブラウザアドレス欄に以下の番号を入力されEnterキーを押します。

http://192.168.1.1

以下の様にログイン画面が表示されます

ユーザー名 user

パスワード **** と何か最初から入っている場合はそのままOKボタンをクリックしてログイン試行下さい。もしも空欄である場合は任意に設定したパスワード又はadminでログイン試行下さい

注)ルータの設定画面が表示出来ないエラーの場合はこちらを参照下さい。

ルータの設定画面が表示されたら左側の詳細設定から静的IPマスカレード設定を開きます。

静的IPマスカレード設定画面からエントリ番号1にチェックを入れ編集を選びます。1/2/3と追加設定ある場合は繰り上がり設定して下さい。

以下の静的NAPTエントリ追加の項目に必要な情報を入力します。入力項目の説明は以下の通りです。

スポンサーリンク

  • インターフェース通常はメインセッション、マルチセッションの場合は変更が必要です
  • エントリ番号、1/から順番に繰り上がる。通常1から設定
  • 有効無効:必ず有効
  • 変換対象プロトコルはTCP又はUDP(アプリケーション指定のプロトコルへ変更)
  • 変換対象ポート、ポート開放番号
  • 宛先アドレス、ポート開放したい端末(Windows等のIPアドレス)
  • 宛先ポート、変換対象ポートと同じ物を指定。ポート変換できますが上級者向けです。

NATエントリ追加の説明(ポートを開放する)

設定サンプルにWEBサーバの80番ポートを開く設定を作ってみましょう、こちらのANHTTPDがあれば正しくポートが到達するかを確認する事が出来ます。

  • 有効無効:有効にチェック
  • 変換対象プロトコル:TCP
  • 変換対象ポート:80(設定後webとニーモニック変換されれます)
  • 宛先アドレス:192.168.1.60
  • 宛先ポート:80
  • 設定

入力できましたら設定ボタンをクリック。設定が完了したら必ず保存ボタンをクリックしてルータへの設定反映作業を完了してください。エントリチェックし設定を御覧ください

ポート変換する場合例えばFTPポートを予約ポートで待受させたくない場合、外部は8021(特定に時間が必要な値等)でLAN内部は通常の21番稼働しているばあいは以下の様に設定します。FTPサーバを試す場合はBJDがおすすめです。

  • 有効無効:有効にチェック
  • 変換対象プロトコル:TCP
  • 変換対象ポート:8021
  • 宛先アドレス:192.168.1.60
  • 宛先ポート:21
  • 設定

入力できましたら設定ボタンをクリック。設定が完了したら必ず保存ボタンをクリックしてルータへの設定反映作業を完了してください。エントリチェックし設定を御覧ください。

設定を反映する

設定完了出来ましたら以下の手順で設定をルータに反映させて下さい。

説明は以上です

その他の説明 ダウンロード

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする