エレコム出張用ルータWRH-583BK/WHのポート開放説明

エレコムから販売されている主に外出先や出張先のインターネットを無線アクセスポイントとして利用するWRH-583BK/WHの説明です。本機特徴は基本的にルータ機能を持ちますが、ポート開放サービス及びUPnP機能は持ちません。単純にアクセスポイント又はルータとしてのみ利用する製品となってしまいます。導入できるインターネット回線種別としましては、LANに差し込みタイプのインターネット回線のみです。CATVサービスも利用可能。利用できない環境はフレッツ系インターネットでモデムに繋いで利用する事は出来ません。理由はPPPoE広帯域接続サービスを持たないためです。

無線LANの特徴としましては、2.4GHz/5GHz帯に対応出来ますがスイッチで切り替えする必要があります。無線規格に付きましてはIEEE802.11b/g/nとac(draft)に対応しacモードなら最大433Mbpsの無線通信速度を得ることが出来ます。インターネットの速度ではありません、また専用のIEEE802.11ac対応の無線子機が必要になります。エレコム無線LANアダプタを参照下さい。(WDC-433SU2Mシリーズ)なら対応可能です。

対応可能な端末としましては、iOS系スマートフォンとタブレット、Android系スマートフォンとタブレット、プレイステーション系端末及び任天堂系端末、パソコンは内蔵無線なら繋ぐことが可能です。電源供給はUSB電源となります。有線ポート(LANケーブル別売りです、注意)はWAN側(ホテルや外出先のインターネットLANケーブルに繋ぐ場所)が一つあります。LAN側の有線は持たないです小型ブロードバンドルータを是非とも必要と言う方はWRH-S583 アマゾンのユーザーレビューも参考になると思います。

スポンサーリンク

設定画面を表示する

ポート開放ではないのですが、ルータの設定画面を表示する手順の説明です。ルータの設定画面を表示するには、ブラウザのアドレス欄にhttp://wrh-s583x.setupと入力してEnterキーを押して下さい。ログイン画面が表示されたらユーサー名とパスワード共”admin”と入力すればログインして設定画面を表示する事が出来ます。

もしも上記手順でログイン画面が出ずページを表示できませんと言うエラーであればパソコン又は端末側のIPアドレスを調べて下さい。

スポンサーリンク

確認頂いたIPアドレスの末尾を251に変更すればアクセス出来るはずですのでお試し下さい。以下サンプルです。

  • 1921.168.1.2なら192.168.1.251
  • 10.0.0.2なら10.0.0.251
  • 172.16.0.2なら172.16.0.251

やはりどうしてもログインページを表示できない等のエラーの場合、こちらのルータにログイン出来ないを参照下さい.。

無線LAN設定される方はこちら

設定画面を開いて操作する項目ですが、まずインターネットなどに繋がらない場合はトップページに表示されるステータスのWAN側IPアドレスを取得できているかを調べて下さい。WAN側IPアドレス表示ない場合は提供元のインターネット管理会社にIPアドレスを受け取ることが出来ないとご相談下さい。ホテルならロビーで確認できると思います。CATV回線ならCATVモデムの電源を20分程度切ってから電源を入れて頂ければ取得できるようになるとおもいますので お試し下さい。

]

単純に無線アクセスポイントモードとして動作させたい場合。例えばすでにNTTからブロードバンドルータが備え付けされている場合などは本機を無線アクセスポイントとして利用できます。ポート開放する場合は設置済のブロードバンドルータに設定頂くことで対応可能です。備考、そのまま繋いでも繋がりますが二重ルータ環境となり一部のハードウェアやサービスで通信障害となる恐れがあります。

切替方法は以下のLAN差し込みとパソコンをLANケーブルで繋ぎます。こちらの手順で設定画面を開き、基本設定を開きます。

基本設定画面右下次へを選んで下さい。

アクセスポイントモードへチェックを入れて次へ。元に戻す場合はここでホテルルータモードにチェックです。

SSID設定と暗号化キー設定は変更を加えずそれぞれ次へを選んで、以下の画面で再起動を選んで頂ければアクセスポイントモード(ルータ機能無効化)とする事が出来ます。

その他詳細なファイヤーウォール設定等は存在しません。

説明は以上です。

その他

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする