RV-S340NE 簡単ポート開放 DMZの説明

RV-S340NEメニュー

簡単にポート開放が出来るDMZの説明です。RV-S340NEには二種類(高度な設定とワンタッチ設定)からDMZを指定出来るのですが、ここではワンタッチ設定で説明させて頂きます。

どういった事に役立つのか?例えば任天堂Wiiのオンライン通信が時々切断される場合や、サーバアプリケーションで通信で使うポート番号が不明の場合はDMZ(仮想グローバルIPアドレス通信、非武装地帯とも言う)サービスにクライアント登録すれば通信トラブルを解決する事が可能になります。

設定の準備

まず簡易DMZへ指定したい家庭用ゲーム機又はハードウェアをのIPアドレスを以下の様に固定下さい。

IPアドレス:192.168.1.210

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトルータ:192.168.1.1

DNS:192.168.1.1

それぞれのハードウェア別IPアドレス固定手順説明

上記の様に固定してもしもインターネット閲覧トラブルやインターネットそのものが繋がらなくなる場合はIPアドレスを自動取得に戻して頂いて、インターネットに繋がる状態でIPアドレス確認しその旨ルータ設定BBSまでお問い合わせ頂けましたら原因を判断させて頂きます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ポート開放の手順説明

設定画面開きましたら詳細設定を選択頂いてワンタッチ設定を開いてください。

RV-S340NE 設定画面表示手順等はポート開放説明ページを参照

ワンタッチ設定項目の簡易DMZに設定を行います。

備考:意味不明の項目に絶対設定を作成してはいけません。WEBサーバ(ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコル通信を行うポート開放設定です)。FTPサーバ(ファイルトランスポートプロトコルと言うファイル転送サーバポート開放設定になります。)

簡易DMZの設定手順

簡易DMZ機能使用するにチェックを入れます。

簡易DMZホストのIPアドレス192.168.1.210と入力してください。

入力できましたら設定ボタンをクリック

上記入力作業が完了出来たら、保存ボタンをクリックして作業完了です。

説明は以上です。それからDMZは冒頭申し上げましたとおり指定出来るクライアントは一台のみです。よってもしも例えばXBOXにDMZ設定していて、他に今度は任天堂Wiiをポート開放する必要があった場合は、XBOXのIPアドレスを自動取得に変更頂いて任天度WiiのIPアドレスを192.168.1.210に固定すれば任天堂WiiにDMZを適用する事が出来るようになります。(ルータへの設定変更は特に必要ありません)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする