WHR-G54S ポート開放

WHR-G54Sと言う無線ルータのポート開放設定の説明です。まず注意して頂きたいのが、既に設置してあるルータタイプのモデムこの無線をネットワークに追加している方が非常に多いです。二重ルータの場合いくら以下の手順を参照頂いてもポートを開放する事は出来ません、対策としましてはWHR-G54Sをブリッジモードに変更して元ルータへ設定するか二重ルータポート開放のヒントを参照で設定ください。

二重ルータの確認手順ですが、こちらの確認方法または、WHR-G54SのWAN側IPアドレスを確認して判断する事が出来ます。

これらの方は二重ルータなのでこちらの説明を参照してもポートは開きません。まずこのルータを自動切換えブリッジモードを参照にして元ルータに開放設定を行う必要があります。もしブリッジが出来ない場合は、こちらのヒントを参照下さい

開放するポート番号がわからない場合や、PSPやプレイステーション3等の開放設定はアドレス変換設定ではなくDMZで設定すると良いでしょう。無線にまだ繋いで無い方はWi-Fiつなぎかたを参照の上正しくインターネットに繋いで下さい。

スポンサーリンク

設定手順説明

まずバッファロールータの設定画面を表示します。

http://192.168.11.1/アドレスをブラウザのアドレス欄に入力しログイン画面が表示されるので、ユーザー名に root と入力しパスワードは空欄でログインする事が出来ます。ログインできましたら図のサンプルにある項目詳細設定メニューをクリックします。

もしも上記手順でエラーページを表示出来ません等のエラーになる場合、バッファロールータがブリッジモードで動作している場合は、192.168.11.100(パソコン側のIPアドレスを192.168.11.2に固定しないとアクセスできません)でアクセス試行ください。もしくはブラウザのトラブルの可能性があるのでルータへログインできないを参照ください。

スポンサーリンク

次に機能を設定画面が表示されるので、ネットワークゲーム対応アプリケーションを使用するを選択ください

以下の画面に切り替わるのでネットワーク設定メニューからアドレス変換を選択してください。注:念の為アドレス変換の項目にチェックが入っているかを確認下さい

以下のアドレス変換設定ページでポート開放設定情報を入力していきます。ポート変換テーブルの編集ボタンをクリックします。

以下のポート変換登録情報の新規追加画面が出ますので、ここに開放したいポート番号や開放するパソコン等のIPアドレス情報を入力します。

設定項目の説明

グループの右側、新規追加:の空欄に任意の英数文字を入力意します。例:host

WAN側IPアドレス:ここは変更してはいけません。エアーステーションのWAN側IPアドレスのままにしてください

プロトコル:TCP/IPにチェックを入れ、右側のプルダウンメニューから任意のTCPポート又は任意のUDPポートを選択ください。

任意のTCP/UDPポートに開放したいポート番号を入力します。

LAN側IPアドレスに開放するパソコン等のポート番号を入力ください。

入力が完了出来ましたら新規追加をクリックします

アドレス変換設定のサンプル

例:パソコンのIPアドレス192.168.11.2 開放するポート番号とプロトコル種別 24370 / TCPの場合

広範囲に開く場合のサンプル

例:パソコンのIPアドレス192.168.11.2 開放するポート番号とプロトコル種別 28000から30000 / UDPの場合

範囲指定の場合は、ハイフンで指定すると一括でその範囲のポートを開く事が出来ます。

説明は以上です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする