WHR-300HP DMZ設定

WHR-300HPに繋いでいるPS3や任天堂3DSそれにXBOXのポート開放を簡単に設定できるDMZ設定手順の説明です。例えば、オンラインゲームに繋がらない、ルームが作成出来ない等の問題を解決することができることもあります。(フレッツやYAHOOBインターネットでしたら解決出来ます。)

準備 IPアドレスを固定します

設定前に必ずDMZ指定するクライアント(PSP等)のIPアドレスの固定を完了しておいてください。任天堂関連の端末は空欄になる場所を0で埋めてください。例、192.168.011.002等

IPアドレス固定例

IPアドレス:192.168.11.50

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ又はデフォルトルータ:192.168.11.1

プライマリDNS:192.168.11.1

セカンダリDNSは空欄または0.0.0.0で構いません

各種クライアントの設定画面表示サンプル。まだインターネットに繋いでない方はこちらを参照頂く事で簡単に繋がります。インターネット 接続 繋ぎ方

スポンサーリンク

DMZ設定手順の説明

バッファロールータの設定画面開いて(WHR-300HP ポート開放を参照)、アドレス変換メニューを開きます。ゲーム機から設定され得る場合は(プレイステーション3 ルータの画面を開く方法 / WiiUでルータの設定画面を開く手順を参照)

ルータの設定画面が開いたら、ゲーム&アプリからDMZを開いて下さい。DMZのアドレスに192.168.1.80と入力し設定ボタンをクリックして作業完了です。備考、PS3の方のみ併せてUPnPを無効にしてください。

UPnPを無効にする

もし突然オンラインゲーム関連でエラーが表示されてつながらない場合はUPnP動作不具合の可能性があります。何らかの理由で自動的に開いていたポートが占有されてしまい通信させなくしている可能性があるので、図の説明を参考に無効化を行なってもらえれば、正常な状態でオンラインゲームを楽しめるとおもいますのでお試しください。ポート変換とDMZとUPnPボタンが並んでいるのでUPnPを開きます。UPnP機能の使用するのチェックを外すと無効。チェックが入ると有効です。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする