Windows 7 パーソナルファイアウォールに個別ポート許可設定

Windows 7のパーソナルファイアウォールに個別のポート番号を指定許可する手動設定方法の説明です

その他の設定

アプリケーション別ポート開放説明

個別のパーソナルファイアウォールポート開放説明はこちらを参照

Windows7 手動ポート開放設定方法

スタートからコントロールパネルを開きます。

スポンサーリンク

システムとセキュリティメニューをクリックします。

次の画面にWindows ファイアウォールにあるWindowsファイアウォールの状態の確認メニューをクリックします。

次の画面にある詳細設定メニューを開きます。

以下のファイアウォールルール指定画面から設定を作成します。

ファイアウォールのルールの作り方

まず上記の左側受信側をクリックしてください。

次に右側にある操作の項目で新しい規則をクリックしてください。

ファイアウォールルールの作成ウィザード画面が出ますので、ポートにチェックを入れて次へをクリックします。

プロトコル及びポート指定の画面がでます。

TCPかUDPを選択し、特定のローカルポートにチェックを入れポート開放したい番号を入れます。

スポンサーリンク

入力ルールは 80 もしくはカンマを入れて複数指定 80,443 もしくはハイフンを入れて広範囲してい出来ます。例 80-443とすると80番から443番まで全て許可する事が出来ます。

もしもxlinkkaiのポートを許可したい場合の例です。

次へ進んで頂くと、接続許可ルールを選択するのですが接続を許可にチェックを入れて次へをクリック(接続をブロックするは、ポートを閉じると言う動作になります)

プロファイルを選ぶメニューが出ます。

プライベートのみチェックを入れて次へをクリック。

ドメイン、パブリックは一般ユーザー様には関係ありません。

作成したファイアウォールルールにわかりやすい名前を付けます。

例:WEBサーバ

説明:ANHTTPDのWEBサーバ許可設定です。

入力できましたら完了ボタンをクリック下さい。

以下の様にパーソナルファイアウォールルール一覧に作成した設定が反映されれば作業完了です。

その他の問題

Minecraft関連で個別ポート転送のご質問が多数あるのですが、仮想マシン上で動作するサーバコンテンツですのでWindowsのファイヤーウォールのみTCP/25565を許可してもサーバを開始出来ない場合があります。別途よくある質問の方に、JAVA動作含めた一連の改善点を説明しておりますのでそちらを含めてMinecraftのポート開放設定を作成して下さい。

説明は以上です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする