IO データ WN-B11 / BBR ポート開放

WN-B11シリーズの無線LANルータのポート開放説明です。

多数型番が存在しますが、ルータにWN-B11と表記があれば、同じポート開放手順で設定する事が出来ます。

WN-B11ルータは仮想サーバーから各種ポートを開く設定を行うことが出来ます。但し、ルータがDHCPにより割り当てるローカルIPアドレスでポートを開く事が出来ない様なので、まずパソコンのIPアドレスを固定化してから設定を行ってください。

WN-B11のDHCPは192.168.0.2から192.168.0.32までを自動で割り当てるので、次のIPアドレスサンプルで固定して設定してみましょう

IPアドレス固定例

IPアドレス:192.168.0.50

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.0.1

DNS

優先:192.168.0.1

以上の様にIPアドレスを固定して開放してみましょう。

ルータへのログイン方法は

http://192.168.0.1/ このアドレスをInternetExplorerのアドレス欄に入力してEnterキーを押す。

以下のログイン画面が表示されます。システムパスワード入力は不要です。空欄のままログインボタンをクリックすることでルータの設定画面を表示する事が出来ます。

ポート開放の手順説明

ルータメニューの仮想サーバーをクリックして設定を行います。

スポンサーリンク

ポート開放項目ルールの追加入力説明

「有効」にクリックしてチェックを入れます。

サービスポート番号:開放したいポート番号

WEBサーバー関連では Apache80 SMTP25 FTP21となります。

サーバーIPアドレス:今回は、192.168.0.50に固定して説明なので、50だけ入力してください。

入力できましたら、「設定の保存」をクリックして作業完了です。

xlinkやWEBゲームを行う場合、仮想サーバーにUDPの指定がないので、特殊アプリケーションで試してください。

特殊アプリケーションでポートを開く説明

上記仮想サーバーはIOデータさんのマニュアルによると、WEBサーバー関連のポートを開くサービスになるようにです。上記の仮想サーバーでポート開放がうまく行かない場合は特殊アプリケーションでポート開放を試してみてください。

注意)特殊アプリケーションを設定すると、二台以上のインターネット接続が出来なくなります。事実上シングルユーザーアクセスモードとなるのでご注意下さい。

ルータメニューの特殊アプリケーションをクリックして設定画面を表示します。

有効にクリックしてチェックを入れます。

トリガ:開放しないといけないポート番号

インカミングポート番号:トリガポートと同じものを設定でかまわないです。

入力できましたら「設定の保存」をクリックして作業完了です。後は、パソコンにあるファイヤーウォール設定の解除もしくは設定変更作業を行うことでポートを開く事が出来ます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする