Aterm WR8170N UDPポート開放

Aterm WR8710Nに繋いでいるパソコンでxlinkkaiや東方緋想天をインターネットでプレーする場合に必要なUDPポート開放手順の説明です。

準備

まずIPアドレスを以下の様に固定してしまいます。

IPアドレス:192.168.0.60

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.0.1

優先DNS:8.8.8.8

代替DNS:8.8.4.4

備考:DNSはGoogleパブリックDNSになります。もしもプロバイダ提供のものがあればそちらのDNSを設定してもかまいません。

IPアドレスを固定できたら必ずパソコンを再起動下さい。

スポンサーリンク

設定画面を開く

Aterm WR8170N ポート開放を参照しルータの設定画面を開きます。

次にポート開放設定を作成するポートマッピング設定画面を開きます。

メニュー左側の詳細設定からポートマッピング設定メニューを選択します。

表示された画面の上の方にある接続先番号が、上記の画面で確認頂いた有効な設定番号していしているかを確認し、追加ボタンをクリックして入力作業を行います。

ポートマッピング画面が開いたら次の目的別ポート開放項目を参照しそれぞれ設定して下さい。

xlinkkai UDPポート開放

xlinkkaiですがリンク先を参照しUDP無線LANが用意出来ているか等を確認してから設定下さい。

スポンサーリンク

まずポートマッピング設定エントリ追加の画面に以下の通り入力下さい。

LAN側ホスト:192.168.0.60

プロトコル:UDP

ポート番号:anyのチェックを外して「30000」「30000」

優先度:1ですが既に何か設定ある場合は2もしくは3等と繰り上がって下さい

設定から前のページに戻って、保存をクリック。次にこちらへジャンプして下さい。

注意:xlinkkaiの方はこれ以上設定を参照する必要はありません。

東方緋想天 UDPポート開放

LAN側ホスト:192.168.0.60

プロトコル:UDP

ポート番号:anyのチェックを外して「10800」「10800」

優先度:1ですが既に何か設定ある場合は2もしくは3等と繰り上がって下さい

設定から前のページに戻って、保存をクリック。次にこちらへジャンプして下さい。

ポートマッピング設定が完了したら

まず次の手順で設定内容を保存します。

前のページ戻るから以下の画面に戻ります。設定内容やフレッツかeoの方なら接続先間違いないかを念の為確認し保存をクリック。これでルータ側の設定は完了です

次にUDPポート開放チェックを参照し回線チェックツールからxlinkkaiの方は手動ポート30000と変更、東方緋想天の方は手動ポート10800に変更し回線チェック。手動ポート利用可とあればオンラインで楽しむことが出来るようになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする