WN-GDN/R3 プレイステーション3/4 ポート開放

IOデータ製品の無線ルータWN-GDN/R3のプレイステーション3と4のポート開放説明です。オンラインコンテンツで頻繁に通信が切断される場合やフレンドの招待が出来ない場合、プレイステーション3が使う基本ポート番号を開く事で解決すると思います。

備考:リモートプレイの方はこちらの設定を一つ作成で対応頂けます。

但し何が原因かは不明ですがIPフラグメントパケットに対応できないと言う警告と共に一部のオンラインゲームへの接続が出来ない事例があります。もしも通信状態を改善出来ない方はPS3をモデムに直結して頂いてトラブルが改善されるかを確認。もしモデムへ直接繋いで通信トラブルが解決する場合は別のPS3と相性の良いルータをお買い求め下さい。今のところバッファロールータ関連では問題無い様子。くわしくはプレイステーション3インターネット接続をご覧ください。

設定の準備

まずIPアドレスを固定します。注:固定設定作業時必ずUPnPは無効としてください。

IPアドレス:192.168.0.150

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.0.1

DNS:192.168.0.1

固定設定完了出来ましたら、インターネット接続に問題がないかを確認下さい。

スポンサーリンク

設定手順の説明

IPアドレスの固定が完了出来たら、パソコンからWN-GDN/R3のルータ設定画面を表示します。(WN-GDN/R3 ポート開放を参照)PS3から設定する方は(プレイステーション3 ルータの画面を開く方法を参照)

設定画面が開いたら、図を参照し5つの基本ポート開放設定作成下さい。

プロトコルTCP ポート番号80

設定名任意の英数の所は重複しない様に例:psa 次の設定はpsb等設定名が重複しない様に作成下さい。

スポンサーリンク

後悔する機器のIPアドレスに付きましては冒頭固定案内した192.168.0.150をそれぞれに指定してください。

LAN側ポート番号に付きましてはインターネット側ポート番号に指定した値と同じものを入力します。

入力できたら追加ボタンをクリックして続きの設定を作成下さい。

二つ目の設定

プロトコルTCP 443

三つ目の設定

プロトコルTCP 5223

以下からはUDPプロトコルの設定になるので間違えないようにご注意ください。

四つ目の設定

プロトコルUDP 3478-3479

範囲指定になります。LAN側は3478としてください。

五つ目の設定

プロトコルUDP 3658

以上で設定完了になります。但しコールオブデューティとメタルギアソリッドとバトルフィールドの方は個別に専用ポートを追加作成下さい。

次に画面右下の設定をクリック頂いて設定作業完了になります。

コールオブデューティー

プロトコルUDP 3074-3075の範囲設定を一つ追加してください。

メタルギアソリッド

メタルギアソリッドの場合TCP及びUDP側の設定を二つ追加作成してください。

プロトコルUDP 5730-5739

プロトコルTCP 5730-5733

バトルフィールドボイスチャット

ヘッドセットない方は不要です。

プロトコルUDP 6000

PSPから外部アクセスする際のリモートプレイ設定

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする