ULTRA WiFi 4G 102Z ポート開放

ソフトバンクULTRA WiFi 4G 102Zポート開放手順の説明です。102Zの特徴としましては、下り最大76Mbps/上りは最大10Mbps(電波状態による)ソフトバンク4G通信に対応し、最大10台までパソコンやスマートフォンそれにPSPそれにDSそれにテレビやビデオレコーダーを同時にインターネット接続して楽しめます。無線通信速度はIEEE802.11b/g/nに対応するので端末側802.11nに対応しているならLAN内のみですが150Mbps通信速度最大となります。一般的には802.11g通信となるので最大54Mbpsとなります。製造元メーカーはZTE(ULTRA WiFi 4G SoftBank 102Z)製品となります。

スポンサーリンク

ルータ設定画面を表示する

102Zの設定画面を表示するにはWindowsかMACパソコンが必要です。本体付属のUSBケーブルでパソコンに直接繋いで下さい。自動的にSoftBank
102 Utilityが起動します。起動したらログインの空欄に、adminと入力してログインで設定画面を開くことが出来ます。スマートフォンからも設定可能です。

もしもログインページを表示できない等のエラーの場合、こちらのルータにログイン出来ないを参考にhttp://192.168.4.1/を開いてみて下さい。

スマートフォンから設定する場合は、102Z本体のINFOボタンを押して、本体液晶に表示されるアクセスURLを控えてスマートフォンのブラウザのURLに入力して開くことが出来ます。パスワードは同様にadminです。

続けてポート開放する場合は下記をご覧下さい。その他のWi-Fi設定やマニュアルダウンロードはこちら

準備 IPアドレスを固定する

ポート開放するクライアント(パソコンなど)のIPアドレスを固定します。

IPアドレス:192.168.4.210

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.4.1

優先DNS:192.168.4.1

代替DNS:空欄

固定できたら必ずパソコンを再起動してください。

ポート開放を行う

ポート開放するにはルータの画面の設定から詳細設定を開きポートマッピングを作成します。

ポートマッピング項目の説明

  1. ポート割り当て設定はONに切り替える必要があります
  2. 送信元ポート、アプリケーションが使うポート番号(ポート開放したい番号)
  3. 送信先IPアドレスはポート開放したい端末、例192.168.4.210
  4. 送信先ポートは、上2と同じポート番号で構いません。(変換設定も可能)
  5. プロトコルはTCPかUDPを指定、不明な場合BOTH両方指定も可能です。
  6. コメントは任意の説明を入力。例、any
  7. 入力できたら適用で作業完了です。

スポンサーリンク

設定サンプル

設定サンプルとしまして簡単なWEBサーバ用の80/TCPポートの設定例で説明します。ポートチェックを行う場合は、ANHTTPDならインストール不要でWEBサーバを動作させてポート開放出来ているかを確認できるので便利です。

  1. ポート割り当て設定はON
  2. 送信元ポート、80
  3. 送信先IPアドレス、192.168.4.210
  4. 送信先ポート、80
  5. プロトコル、TCP
  6. コメントは任意の説明を入力。例、any
  7. 入力できたら適用で作業完了です。

ポート変換設定例です。例えば自宅のカメラに普通に外出先からURLでアクセスさせたくない場合等に用いる事が出来ます。

  1. ポート割り当て設定はON
  2. 送信元ポート、8888
  3. 送信先IPアドレス、192.168.4.210
  4. 送信先ポート、80
  5. プロトコル、TCP
  6. コメントは任意の説明を入力。例、any
  7. 入力できたら適用で作業完了です。

ネットワークカメラのUPnPを無効にする必要があるのですが以下の様にポート変換させることで、例えばhttp://mycam.com/で外出先からアクセスできていたのが、http://mycam.com:8888/と:8888を付加しないとアクセスできなくすることが出来ます。自宅内では普通にhttp://mycam.com/を呼び出すことでカメラへアクセスすることが出来るようになります。

その他のポート開放設定例

minecraftのサーバ設定例

  1. ポート割り当て設定はON
  2. 送信元ポート、25565
  3. 送信先IPアドレス、192.168.4.210
  4. 送信先ポート、25565
  5. プロトコル、TCP
  6. コメントは任意の説明を入力。例、any
  7. 入力できたら適用で作業完了です。

ご質問の多いUDPポートの設定です。緋想天10800番で説明します。

  1. ポート割り当て設定はON
  2. 送信元ポート、10800
  3. 送信先IPアドレス、192.168.4.210
  4. 送信先ポート、10800
  5. プロトコル、UDP
  6. コメントは任意の説明を入力。例、any
  7. 入力できたら適用で作業完了です。

設定を追加出来ましたら、UDPポートチェックツールを取得して手動ポート10800と入力し回線チェックして下さい。

説明は以上です。

その他の説明 マニュアルダウンロード等

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする