WZR-1750DHP ポート開放

有線/無線、両インターフェースでギガビット通信に対応する、バッファロー2013年3月発売の無線ブロードバンドルータWZR-1750DHPのポート開放と無線LAN設定の説明です。注意点、基本的に無線LANで1000Mbpsオーバーの通信を実現するにはUSB3.0必須条件、又は内蔵無線チップに802.11ac通信対応のものを内蔵している必要があります。また有線/無線側の速度が1000Mbpsと言っても内部の通信速度となりますので、インターネットの接続速度が1Gbpsとなるわけではありません。

ルータ機能の特徴、WAN側/LAN側ギガビット通信に対応(1000BASE-T)するので、フレッツ光の隼やネクスト、auギガ光、JCOMや各種CATVインターネットの160Mbpsコース、eo/BBIQ/UCOM等の200Mbps以上のコースに最適なブロードバンドルータと言えます。無線LANに関しましてはIEEE802.11b/g/nに加え、ac/na規格に対応。最大1300MbpsのLAN間通信が可能となると言う事です。LAN内で高速通信のメリットとしましては、ビデオや音楽メディアサーバからデータの配信が高速となるので、動画や音楽がさっと見れる状態となる他、通信トラフィックが渋滞(インターネットが止まったような現象)するような症状が低減される利点があります。

対応出来る端末は、パソコンはもちろん、iPhoneやAndroidスマートフォンやDSそれにWiiU、各種タブレット等、ほとんどすべての端末をWi-Fi又は有線LANで繋いで同時にインターネットを楽しめるようになります。

その他の特徴、USB3.0/2.0と二個のインターフェース搭載、プリンター共有機能、簡易NAS機能(ファイルサーバ)、DDNS対応、VPNサーバ機能を搭載します。使い勝手や詳しい情報はアマゾンWZR-1750DHP
ユーザーレビューが参考になると思います。

ルータ中心に家庭内ネットワークを構築しやすいのも特徴です。

スポンサーリンク

ポート開放設定画面を開きます

まずバッファロールータの設定画面を表示します。エアーステーションツールもしくは、http://192.168.11.1/をブラウザに入力する事でログインする事が出来ます。パソコン以外の端末からも設定変更を加えることが出来ます。機種別を参考にログインして作業ください。

ログインする際に入力が必要なのはユーザー名のみです。

ユーザー名 root

パスワードは空欄(ユーザー様が何か設定した場合は設定されたパスワードを入れてください。)

上記の方を入力でログインする事が出来ます。

注、設定カードが附属する商品の場合は、次の情報でログインして下さい。ユーザー名”admin”、パスワード”password”

もしも上記ログイン画面ではなくエラーとなる場合はルータにログインできないページを参照下さい。

ポート開放する方はこのまま続けて以下を参照下さい。無線LAN説定を参照する方はこちらからご覧ください。

準備としましてIPアドレスを固定します

まずパソコン側のIPアドレスを固定してしまいます。

IPアドレス:192.168.11.60

スポンサーリンク

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.11.1

DNS:192.168.11.1

代替DNSは空欄で構いません。

固定できたら必ずパソコンを再起動ください。

ポート変換画面を表示します。

設定画面が簡単設定の状態であれば、詳細設定に切り替えて下さい。

詳細設定メニューに切り替えて、セキュリティメニューを開き、ポート変換画面を表示して下さい。

ここに必要な情報を入力してポート開放設定を作ります。

  1. グループ、新規追加:任意の名称を入力
  2. エアーステーションのInternet側IPアドレス:変更しません
  3. プロトコルTCP/UDP:任意のTCPポートか任意のUDPポートを指定
  4. 任意のTCP/UDPポート:ポート番号を入力
  5. LAN側IPアドレス:ポート開放する端末のIPアドレスを指定。設定画面を開いた端末のIPアドレスがデフォルト表示されます。
  6. 新規追加を最後に選びます。

ポート開放手順

サンプル設定としてWEBサーバのポート開放をサンプルとして説明します。サーバツールに関してはインストール不要なANHTTPDがお勧めです。(ポートチェック時に必要)

  1. グループ、新規追加:websv
  2. Internet側IPアドレス:変更しません
  3. プロトコルTCP/UDP:任意のTCPポートを選びます
  4. 任意のTCP/UDPポート:80
  5. LAN側IPアドレス:192.168.11.60
  6. 新規追加

以上で設定完了です。TCPポートを任意のポートに入れ替えることでご希望のアプリケーションのポート開放を行うことが可能です。

その他の設定説明

minecraftサーバの説明です。

  1. 新規追加、mct
  2. Internet側はエアーステーションのInternetIPアドレスのまま
  3. プロトコルは任意のTCPポートを選びます。
  4. 任意のTCP/UDPポート右側空欄に25565
  5. LAN側IPアドレスは192.168.11.60
  6. 新規追加

以上で作業完了です。

UDPポート開放設定例です。ご質問の多い緋想天10800/UDPで説明します。

  1. 新規追加、hisouten
  2. Internet側はエアーステーションのInternetIPアドレスのまま
  3. プロトコルは任意のUDPポートを選びます。
  4. 任意のTCP/UDPポート右側空欄に10800
  5. LAN側IPアドレスは192.168.11.60
  6. 新規追加

以上で作業完了です、こちらのUDPポート開放チェックで手動ポート10800と入力して回線チェックで手動ポート利用可とあればオンラインで楽しむことが出来ます。

その他設定例

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. カバユキ より:

    kagemaru様

    初めまして。記事を参考に勉強させていただいております。
    お問い合わせはこちらのコメント欄でよろしかったでしょうか?

    ご多忙なところ大変恐縮ですが、PS3のオンライン設定についてご相談させていただけないでしょうか。

    ご相談の内容ですが、先日ゲームとスマホ用に光回線を契約しまして、PS3でオンラインプレイをしたいのですが、設定がうまくいきません。PS3をネットに接続するところまではできていますが、オンラインには接続できない状況です。

    5年くらい前に1年間、ADSLでネット契約をしていた時はモデムからPS3直結でオンラインプレイをしていたことがあります。(当時は難しい設定は無かったと記憶していますが…)

    自分なりに色々調べたり、過去の記事を読んで勉強しましたが、ネット関係はド素人なもので専門用語もあまりわからず、お手上げです。。。

    設定について、何卒ご教授いただけないでしょうか。

    以下、環境・状況です。

    ・モデム:NTT GE-PON F GE-PON-ONU-タイプD
    ・ルーター:BUFFALO WXR-1750DHP
    ・プロバイダ:GMOとくとくBB (ドコモ光タイプA接続サービス)
    ・PSNのアカウントは今回新たに作りました(サイインインもできてます)
    ・やりたいゲームは主にコールオブデューティシリーズです
    ・カテゴリ6のLANケーブルがあまっており、有線接続も可能です
    ・PS3のほか、ノートPC、タブレット、スマホを無線で接続してます
    ・PS3の接続確認ではNATタイプ2となってます
    ・プロバイダの契約書に「PPPoE方式によるIPv4接続と、IPv6 IPoE+IPv4overIPv6接続が利用可能ですが、後者の接続は 特定のプロトコル(PPTP、SCTP)を利用するサービスやオンラインゲーム等の特定のポートを使うサービス、IPv4グローバルアドレスを共有するネットワークでは利用できないサービス をご利用できない場合があります。」との記載があります
    ・PS3はIPv4対応でIPv6は非対応ということがわかり、自分の回線はどちらなのか(http://test-ipv6.com/index.html.ja_JP)のサイトでテストをしたところ、自分のIPv4アドレスとIPv6のアドレスが表示されたほか、以下のような表記がありました。(関係があるかもわかりませんが・・・)
    「管理されたトンネルメカニズム(6RD)を使用してIPv4経由でIPv6を転送しているようです」
    「あなたの DNS サーバ (おそらくお使いのプロバイダが運用) は、IPv6 インターネットアクセスがあるように思われます」

    以上の情報で足りますでしょうか・・・。

    どうかよろしくお願いいたします。