パナソニックルータ BL-BR30 ファイヤーウォール解除の説明

パナソニックのBL-BR30ルータをご利用の方で、UDPプロトコル関連のポート開放が正しく出来ない場合や、任天堂WiやDSの通信でエラーとなる場合はIPv4用のファイヤーウォールステートフル・パケット・インスペクションを解除することで改善すると思いますのでお試し下さい。

設定手順の説明

まずパソコンからルータの設定画面を表示します。表示方法は前のページ(静的IPマスカレード説明)を参照下さい。

設定画面が表示されましたら詳細設定を選択頂いて、以下のセキュリティ設定メニューを選択して下さい。

スポンサーリンク

以下の画面が表示されましたら

→ステートフル・パケット・インスペクション(動的パケットフィルタリング)を使用する。のチェックを外して保存を選択して下さい。

保存ボタンをクリックすると、以下の再起動ボタン画面に切り替わりますので「再起動」ボタンをクリックしてルータを再起動させます。再起動が完了しましたらポートが開いているかを確認下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする