AtermでIPアドレスが固定出来ない場合のポート開放手順

Aterm ダイレクトスターメニュー

Atermルータに繋いでいる端末。特に最新モデルPSVITAやPS3、任天堂3DS等はIPアドレスを固定するとインターネットへ繋がらなくなったりする現象を多数ご連絡いただきます。これらの原因はこのAtermがパソコン向けにしか設計されておらず、LANポートが根本的に最新のゲーム端末と使用が悪い事が問題になります。最新のHUB(LANを分割や分岐させる方法)等を中継すれば問題を解決させることが出来ますが、IPアドレスを固定しなくともこのモデルならMACアドレスを指定してポート開放させることが出来るのでPS3のポート開放サンプルでその手順を説明します。

MACアドレスを確認する

ポート開放させたい機器のMACアドレスを控えます。サンプルとして00:00:00:AA:BB:CCで説明します。パソコンは00-00等ハイフンで区切られていますがハイフンをコロンに変えて設定してください。

固定設定が完了しましたら、インターネット接続に問題が無いかを確認下さい。もしもPS3のインターネット接続できなくなった場合かんたん設定に戻して下さい。その上でその旨ルータ設定BBSまでご連絡頂けましたら対処の方法を案内します。

スポンサーリンク

ポート開放する

ポートマッピング設定を開きます。説明はこちらの冒頭の説明をご覧下さい。それではPS3のポート番号をサンプルに説明しますので、ユーザーは必要のあるポート番号に置き換えて設定ください。

まず基本ポート番号の開放設定を作ります。

PS3が必ず開いている必要のあるポート番号です。必ずエントリ番号は1番から指定下さい。もしも他のエントリが既に設定ある場合は一度削除してから設定下さい。

スポンサーリンク

  • エントリ番号:1
  • 変換対象プロトコル:TCP
  • 変換対象ポート:80
  • 変換アドレス:00:00:00:AA:BB:CC(自分の端末のMACアドレスに置き換え)
  • 最後にかならず編集ボタンをクリックしてください

  • エントリ番号:2(エントリ1の▼ボタンから2に変更、以降同様に3/4/5/6/7と作成ください)
  • 変換対象プロトコル:TCP
  • 変換対象ポート:443
  • 変換アドレス:00:00:00:AA:BB:CC

  • エントリ番号:3
  • 変換対象プロトコル:TCP
  • 変換対象ポート:5223
  • 変換アドレス:00:00:00:AA:BB:CC

  • エントリ番号:4
  • 変換対象プロトコル:TCP
  • 変換対象ポート:3478-3479
  • 変換アドレス:00:00:00:AA:BB:CC

  • エントリ番号:5
  • 変換対象プロトコル:TCP
  • 変換対象ポート:8080
  • 変換アドレス:00:00:00:AA:BB:CC

  • エントリ番号:6
  • 変換対象プロトコル:UDP
  • 変換対象ポート:3478-3479
  • 変換アドレス:00:00:00:AA:BB:CC

  • エントリ番号:7
  • 変換対象プロトコル:UDP
  • 変換対象ポート:3658
  • 変換アドレス:00:00:00:AA:BB:CC

最後にかならずエントリにチェックします

最後に最新の情報から追加した設定のエントリにチェックを入れて適用を選んでください。それから登録または保存で作業完了になります。

登録または保存ボタンは左側のメニュー欄の場所にあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする