ETG2-R ポート開放

ETG2-RIOデータから発売のギガビットインターネットに最適な有線ブロードバンドルータ。

特徴としましてはWAN側ポートとLAN側ポートそれぞれ1000BASE-Tに対応、高速インターネットeo光とau、それにフレッツ光ネクストのギガビットインターネットに対応できる点。無線LAN機能はありません。

その他詳しい情報につきましてはI-O DATA Gigabit対応有線ルーター ETG2-Rアマゾンのクチコミが参考になると思います。

準備(IPアドレスを固定する)

ポート開放するパソコンやその他家庭用ゲーム機のIPアドレスを固定します。

IPアドレス:192.168.0.50

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ、もしくはデフォルトルータ:192.168.0.1

DNS:8.8.8.8

代替DNS:8.8.4.4

固定出来たらパソコンを必ず再起動下さい。

IPアドレス固定例は以下の方を参考に設定下さい。

スポンサーリンク

ポート開放の手順説明

ルータの設定画面を開きます。http://192.168.0.1アドレスをInternetExplorerのアドレス欄に直接上記のアドレスを入力してEnterキーを押してください。(プレイステーション3から設定する場合はルータ設定画面表示方法を参照)

スポンサーリンク

尚このモデルには最初はユーザー名とパスワードは設定されていません。

もしもページを表示出来ないエラーの場合はこちらを参照下さい。

設定画面が表示されましたら高度な設定からポートの開放メニューを開きます

設定例として一般的なWEBサーバの情報を元に設定説明します。サーバソフトはインストール不要のANHTTPDを使えば簡単に通信テストを行うことが可能です。

  1. 番号1から設定します。いきなり2番や3番に設定しない
  2. ポート番号:80
  3. 公開する機器のIPアドレス:50とだけ入力
  4. 有効のチェックボックスにチェックを入れます
  5. 設定
  6. 再起動

以上で設定完了です。プロトコル指定はありません、基本的にBOTH(TCP/UDP)両方指定となります。備考、範囲設定する場合はハイフンで区切ってください。

必ず再起動してください

設定ボタンを選択すると、設定が保存されましたと言う画面が表示されます。再起動ボタンがあるので必ず再起動を行って下さい。またホストを開始する方はダイナミックドメインを設定していない場合接続先パス(グローバルIPアドレス)が変動する場合があるので最新のグローバルIPアドレスをご確認下さい。

その他の設定

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする