マカフィー2010 グリーンバージョン個別ポート開放

マカフィー2010インターネットセキュリティ新バージョンの個別ポートを開放する手順の説明です。マカフィー新バージョンは(グリーンバージョン)アプリケーションの通信許可を行っても通信ポートを外部から受け付けることが出きないので個別ポート開放を行う必要があります。

設定手順の説明

ファイアウォールメニューからポートとシステムサービスを選んで下さい。

スポンサーリンク

以下の追加からポート開放したい情報を作成します。

備考:WEBやFTPそれにメール関連のサーバが通信に必要とする設定は予め作成されているので、必要なサーバポートサービスを有効にしたい場合はクリックしてチェックを入れるのみでポート開放出きます。

システムサービスを設定します。

システムサービス名:任意の英文字を入力します。例:user

スポンサーリンク

システムサービスカテゴリ:同様に任意の英文字を入力。例:share

サービスの概要:入れても入れなくても構いません。

入力できたら右側のバーをしたに移動させて下側にスクロールします

通信させたいポートを入力します。

例えばshareならローカルポートTCP/IPに必要なポート番号を入力

xlinkkaiや東方緋想天等でしたらローカルUDPポートに必要なポート番号w入力

開くポートは必ず全てのパソコンを指定

入力できたら保存をクリック

作成したポート開放設定に必ずチェックを入れて右上のXボタンで閉じれば作業完了になります。

説明は以上です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする