スポンサーリンク

Aterm WG2600HP3・WG1900HP2・WG1200HP3 特徴とポート開放設定の説明

ポート開放

WG2600HP3
AtermはIPoEとtransix DS-Lite接続に対応するWi-Fiルーターを一挙3製品発売、それぞれの特徴やルーター性能とポート開放設定を説明させていただきます。

Aterm WG2600HP3・WG1900HP2・WG1200HP3 共通特徴

Aterm WG2600HP3・WG1900HP2(2018年7月5日発売)、WG1200HP3(2018年6月7日発売)Wi-Fiルーターの共通の特徴
・3製品とも1000BASE-T対応WAN&LANポートを搭載するのでインターネットの最高速度は上り下りとも最大1Gbps(契約する回線による)。
IPoEとtransix DS-Lite接続方式にそれぞれ対応します。
・ご自宅にパソコンが無くてもスマートフォンでも設定できるようWi-Fiルーターの設定画面がレスポンシブデザインに対応している。
・Wi-Fiは2.4GHz・5GHzマルチバンド&バンドステアリング対応
・Wi-Fiの設定がとても簡単なWPSプッシュスタート方式とらくらく無線スタート、及びかざしてスタート対応
・Wi-Fiの電波を端末に狙って送信するビームフォーミングとWG1900HP2除くMU-MINO対応
・こども安心ネットタイマー付き(スマートフォンのキャリア接続には対応していない)
・今使っている無線LAN親機の設定を簡単にコピーできるWi-Fi設定引っ越し機能付き。

Aterm WG2600HP3・WG1900HP2・WG1200HP3 スペック表

WG1200HP3WG1900HP2WG2600HP3
有線WAN/LAN最大速度1000Mbps
5GHz帯無線LAN最大速度(IEEE802.11ac規格)867Mbps1300Mbps1733Mbps
2.4GHz帯無線LAN最大速度(IEEE802.11n倍速モード)300Mbps600Mbps800Mbps
対応無線LAN規格IEEE802.11b/g/n/a/ac
無線LANストリーム数2/MU-MINO対応34/MU-MINO対応
同時接続対応端末台数5台6台4台
Wi-Fi接続対応端末台数(同時接続の事では無い)15台18台
簡単無線LAN設定WPSプッシュスタート・らくらく無線スタート・かざしてスタート
対応無線周波数2.4GHz/5GHz マルチバンド
アンテナ数(内蔵)5GHz帯:送受信 2本 2.4GHz帯:送受信 2本2.4GHz&5GHz帯:送信 3本 受信4本5GHz帯:送受信 4本 2.4GHz帯:送受信 4本
LANポートのクロスストレート切り替え機能Auto MDI/MDI-X (自動でストレートとクロス切り替え機能付き)
対応インターネット全てのインターネット回線に導入可能(ISDN除く) 接続設定不要v6プラス IPoEとtransix
DS-Lite対応、通常のフレッツPPPoE方式(IPv4)やCATVインターネット対応。
動作モードブロードバンドルータ以外の使い方として、無線中継機と無線LANコンバータとして動作させる事が出来ます。
LAN以外のインターフェース無し
搭載サーバー機能
DDNS
消費電力7.5W16.0W20.0W

設定画面を表示する

スマートフォンで設定する方はhttp://www.aterm.jp/function/wg1200hp2/guide/quickweb_smart.html」スマートリモコンアプリをご用意下さい。
パソコンで設定する方は以下のアドレスをInternetExplorer等のブラウザアドレス欄に以下の番号を入力されEnterキーを押します。
http://192.168.10.1又はhttp://aterm.me/
以下の様にログイン画面が表示されます
ユーザー名 admin
パスワード **** と何か最初から入っている場合はそのままOKボタンをクリックしてログイン試行下さい。もしも空欄である場合は任意に設定したパスワード又はadminでログイン試行下さい
2017aterm0414001
注)ルータの設定画面が表示出来ないエラーの場合はこちらを参照下さい。
本機裏側のモード切り替えスイッチを一時的にRT位置に切り替えてみて下さい。(スイッチの意味 RTはルータモード / BRはブリッジモードルーター機能を無効化 / CNVは中継モードまたはコンバーターモード)
2017aterm0414002

設定の準備

ルーターに設定する前でも後でも良いので以下のようにポート開放する端末のIPアドレスを固定してください。
補足、かっこ内の値はネットワークカメラや家電のIPアドレスを固定する時に必要な場合の値。

IPアドレス:192.168.10.120 (192.168.010.120)
サブネットマスク:255.255.255.0 (255.255.255.000)
デフォルトゲートウェイ:192.168.10.1 (192.168.010.001)
優先DNS:192.168.10.1 (192.168.010.001)
代替DNS:8.8.8.8 (008.008.008.008)
設定完了しましたら、必ずパソコンを再起動してください。
もしも、上記の設定を行ってWEBページが見れなくなった場合、DNSアドレスをプロバイダ指定のDNSに書き換えてください。WEBサイトが見れない
ポート開放する方はそのまま下記をご覧下さい。無線関係の設定はこちら

ポート開放の手順説明

詳細設定を開き、ポートマッピングと言うメニューを開いて下さい。
wg2600-001001
wg2600-001002
ポートマッピングの右上の追加ボタンを開きます。
wg2600-001003
NATエントリ追加の項目が表示されるので必要な情報を入力します。

NATエントリ入力項目の説明

  1. 優先度 1から50まで指定出来ます。通常1を指定して追加の設定は2/3/4/5と繰り上がり指定します。
  2. LAN側ホスト ポート開放したい端末IPアドレスを指定します。例、192.168.10.80
  3. プロトコル TCP又はUDPを指定。VPNのポート開放だとプロトコル番号指定するのでその他を選択します。
  4. ポート番号 anyのチェックを外します。単一ポートなら「80」-「空欄」と指定しますし、範囲なら「1」-「65535」と指定する事が出来ます。
  5. 入力できたら設定

注意事項、NEC系ルーターはニーモニック(機械語)が登録されています。例えば80を登録するとhttpに置き換わったり、443を指定するとhttpsに置き換わりますが問題ありません。
最後に左上の保存を選んで作業完了になります。
wg2600-001005

WEBサーバポート開放設定例

設定例としましてNASやネットワークカメラがよく使うTCP/80で説明します。
ポートチェックを行う場合は、ANHTTPDならインストール不要でWEBサーバを動作させてポート開放出来ているかを確認できます。

  1. 優先度 1
  2. LAN側ホスト 192.168.10.120
  3. プロトコル TCP
  4. ポート番号 anyのチェックを外し「80」-「空欄」
  5. 入力できたら設定

2018-aterm-06131

その他のポート開放設定例

minecraftのサーバ設定例。

  1. 優先度 1
  2. LAN側ホスト 192.168.10.120
  3. プロトコル TCP
  4. ポート番号 anyのチェックを外し「25565」-「空欄」
  5. 入力できたら設定

2018-aterm-06132
ご質問の多いUDPポートの設定です。MinecraftPE(19132/UDP)で説明します。

  1. 優先度 1
  2. LAN側ホスト 192.168.10.120
  3. プロトコル UDP
  4. ポート番号 anyのチェックを外し「19132」-「空欄」
  5. 入力できたら設定

2018-aterm-06133
設定を追加出来ましたら、UDPポートチェックツールを取得して手動ポート19132と入力し回線チェックして下さい。
説明は以上です。

その他の説明

備考、無線LANコンバーターや中継器として使う場合は前モデルの説明コンバーター 中継器として使うには(殆ど同じです)を参照ください。

コメント

  1. S より:

    返信ありがとうございます。

    読解力がなくて申し訳ないです。

    > 測定パスはワイヤーシャークで調べないとわからないかも。
    「Wireshark」ですかね? 前にこれを使ってみようと思って訳が分からない状態で
    諦めた経緯があります…

    わざわざ測定して頂きありがとうございます。
    自環境:有線 9/21 19:50時点では
    IPv4
    Jitter 1.11ms、Ping 12.0ms、Down 923.59Mbps、Up 598.44Mbps

    IPv6
    Jitter 2.04ms、Ping 12.0ms、Down 598.44Mbps、Up 307.61Mbps

    Jitterが0.XXmsになるのは深夜2時以降じゃないとなかなか
    みれないので羨ましい限りです。

    > なので、オンラインゲームで納得行かない場合は以下の方法をお試し下さい。

    1-フレッツ光に変える(理由はプロバイダを自由に選べる点です)
    2-フレッツに変更したらプロバイダをIIJ4UかOCNを選択。

    NURO光にする前まではOCNでしたが、年々経路数が増えるのと
    4、5月辺りに瞬断する事が多くなりFPSには向いてないプロバイダって事で
    変えました。
    あるゲームのサーバまで2017年時点は経路が18、2018年時点で22、2019年時点で25と
    増えていきPPPoEガチャで厳選した状態でも22ms~26msが限界でした。
    PPPoEガチャ後「Tracert」で経路1のHGWは<1ms、1msと自宅内での遅延は一切無し
    第1オクテットが違う3種類のIPの内「118.XXX.XXX.XXX」は特に酷く
    GTは60~80ms(経路2~25まで)が基本でした。
    一番酷い時は300~400ms(経路2~25まで)、どの場合も障害発生無しの状態での
    計測結果です。

    IIJって今は改善したんですかね?
    速度が出ない、速度制限するとかってので悪評が多いってイメージですけど…

    So-netは友人の家が前に契約していて(光回線100m時代)回線速度は全然出なくて
    (下流が4m出れば御の字)Pingは25msくらいでブレないって感じ、
    同じSONYでもNURO光とでは仕組み上違うかなって契約してみましたが、
    実際はONUが危険な中華製、サイトが1回で開かない。
    海外IP判定でゲームのサーバが海外設定されたりと色々と問題ありで
    違約金問題が無ければ辞めたいくらいです…
    ただ「KAGEMARU-info」さんとかの色々なサイトのおかげで解決出来た部分もあるので
    本当に助かっています。
    次はゲーム実況者内でau光が安定していると言っているのを聞いた事があるので
    そちらが気になっています。
    「みんなのネット回線速度」で自分の地域での結果があまりないのでまた契約したらしたで
    ダメかもしれませんけど。

    • kagemaru より:

      詳細な情報ありがとうございます。

      今のオンラインゲームの仕組みはローカルにある端末で処理している点が最大のネックになるので

      これがだんだんクラウド化してくると、端末及び回線スペック依存から脱した快適なゲーム環境が整うと思います。

      今、もしも気をつけるとすると自宅引き込みの機器(名称忘れたのですが)、ここで結構トラブル(細かい異常パケット)が生じる事があるので、この光回線を宅内に引き込む機器回りの工事を丁寧にやってもらう事をベースにもし回線変更する時はお考えいただくのが良いのかもしれないです。

タイトルとURLをコピーしました