GL05P ポート開放

イーモバイルの軽量ブロードバンドルータGL05Pポート開放手順の説明です。特徴といたしましてはUE Category3に対応し、下り速度100Mbps/上り速度50Mbps最大のデータ通信速度を得ることが出来(LTEは75Mbps下り/25Mbps上り最大)、連続12時間バッテリー駆動による最大インターネットへ接続することが可能です。(連続待機時間は480時間)。

無線機能に付きましては、IEEE802.11b/g/n規格に対応、古いXPやDSもWi-Fiで繋ぐことが可能で、同時接続台数は10台までとなります。専用のクレードル(周辺機器オプション品参照)を使うことで、フレッツ光やCATVの無線ブロードバンドルータとしても利用可能です。

備考、このモデルにはUPnP(ユニバーサルプラグアンドプレイ)と言う機器を繋いで必要なポートを転送させるサービスが搭載されません。

注意事項、ご利用プランでポート開放できない場合があります。この場合PS3やPSVITAのNATタイプは3又はModerateから切り替えることは出来ません。

スポンサーリンク

設定画面を表示する

ポケットワイファイの設定画面を表示するには、ブラウザのアドレス欄にhttp://pocketwifi.home又はhttp://192.168.13.1/と入力してEnterキーで画面を開くか、付属のユーティリティを使いUSBケーブルでルータ本体とパソコンを繋いで設定画面を開くことが可能です。無線LAN関連の設定を行う方はこちら

以下のログイン画面から次の情報を元にログイン下さい。

ユーザー名:admin

パスワード:admin

もしもログインページを表示できない等のエラーの場合、こちらのルータにログイン出来ないを参照下さい.。

ログインされたら次のプロファイルを変更してください。設定からWAN設定を開きます。3G/LTE設定のプロファイルリストがem.std(ポート開放できないプライベートIPアドレス割り当て)ならem.glb(正常な通信が出来るグローバルIPアドレス割り当て)接続先に変更してください。また自動切断ですが、オンラインゲームの方はこれを無効に切り替えてください。そうしないと無通信状態でフレンド待ちの場合自動的に切れている現象頻繁に発生します。変更を加えたら適用です。

準備 IPアドレスを固定する

ポート開放するクライアント(パソコンなど)のIPアドレスを固定します。

注意:ポケットワイファイから自動的に割り当てされるIPアドレス範囲内に設定するとポート開放できません。(デフォルトIPアドレス範囲192.168.13.100-192.168.13.200となります)

IPアドレス:192.168.13.50

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.13.1

優先DNS:192.168.13.1

代替DNS:空欄で

固定できたら必ずパソコンを再起動してください。

注意事項、SSID2へ無線接続している場合は、IPアドレス割り当て範囲が異なります。もしも繋がらなくなってしまった等の問題が有る場合無線接続先SSIDが1で有ることを確認するか、下記のようにIPアドレスを固定してみてください。但し、マニュアルにはこちらの割り当てIPアドレス範囲の説明は存在しませんので、192.168.14.50を宛先とする場合はポート開放できない場合が有るかもしれませんのでご了承願います。

IPアドレス:192.168.14.50

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.14.1

優先DNS:192.168.14.1

代替DNS:空欄で

ポート開放を行う

設定画面が開いたら、ポケットワイファイの場合、ポートマッピングからポート開放する事が出きます。設定メニューからファイアウォール設定を開きポートマッピング設定を開いてください。

スポンサーリンク

ポートマッピング設定の入力項目の説明です。

  1. プロトコル:Both(両方)がデフォルトになっています。両方ポート開放する場合はそのままで構わないですが、通常TCPかUDPを選択します。
  2. サービス名は空欄でも良いです。
  3. LAN側IPアドレスはポート開放する端末のIPアドレス。例、192.168.13.50
  4. サービス選択は基本的に任意設定を選んでください。登録済サーバサービスを選択も可能です。
  5. ステータスは必ず有効でお願いします。
  6. WANポートはポート開放したいポート番号
  7. LANポート番号も上と同じ番号を指定してください。(ポート変換する場合のみ、任意のポート変換を行うことが可能です)
  8. 追加
  9. 適用

以上の設定項目となります。次のサンプル設定を参考に任意のポート開放設定を作って頂けると思います。

WEBサーバポート開放設定例

サンプル設定としまして、WEBサーバのポート開放設定を掲載しますので参照下さい。

ポートチェックを行う場合は、ANHTTPDならインストール不要でWEBサーバを動作させてポート開放出来ているかを確認できるので便利です。

  1. プロトコル:TCP
  2. サービス名は空欄でも良いです。
  3. LAN側IPアドレス:192.168.13.50
  4. サービス選択:任意の設定
  5. ステータスは必ず有効でお願いします。
  6. WANポート番号:80
  7. LANポート番号:80
  8. 追加
  9. 適用

ポート変換させる場合

自宅のネットワークカメラに普通のURLでアクセスさせたくない場合等に用いる事が出来ます。自宅や事務所無いからなら通常のURLで、外から指定のポート番号を付加(例、8080)しないと繋がらないようにすることが可能です。

例えば、http://myurl.com/のURLでカメラへアクセス出来てしまうのですが、下記のように外部待受8080と設定すると、アクセスURLはhttp://myurl.com:8080/としないと外部から繋がらなくすることが可能になります。(備考、ルータ側のUPnPは無効化としてください。)

  1. プロトコル:TCP
  2. サービス名は空欄でも良いです。
  3. LAN側IPアドレス:192.168.13.50
  4. サービス選択:任意の設定
  5. ステータスは必ず有効でお願いします。
  6. WANポート番号:8080
  7. LANポート番号:80
  8. 追加
  9. 適用

その他のポート開放設定例

ポート番号の項目を、アプリケーションやサーバツール又なハードウェアが使用するポート番号へ任意に変更で対応可能です。

minecraftのサーバ設定例。

  1. プロトコル:TCP
  2. サービス名は空欄でも良いです。
  3. LAN側IPアドレス:192.168.13.50
  4. サービス選択:任意の設定
  5. ステータスは必ず有効でお願いします。
  6. WANポート番号:25565
  7. LANポート番号:25565
  8. 追加
  9. 適用

ご質問の多いUDPポートの設定です。緋想天10800番で説明します。

  1. プロトコル:UDP
  2. サービス名は空欄でも良いです。
  3. LAN側IPアドレス:192.168.13.50
  4. サービス選択:任意の設定
  5. ステータスは必ず有効でお願いします。
  6. WANポート番号:10800
  7. LANポート番号:10800
  8. 追加
  9. 適用

設定を追加出来ましたら、UDPポートチェックツールを取得して手動ポート10800と入力し回線チェックして下さい。

説明は以上です。

その他の説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする