DOCOMO L-02F Wi-Fiつなぎかた

DOCOMOの高速Xi対応無線ブロードバンドルータL-02Fにスマート・フォンやタブレットそれに3DSやPSVITAやPS4を無線LANで繋ぐ手順の説明です。

備考、公式説明によると自宅内のみ付属のクレードルにドッキングさせている状態のみ5GHz帯を使えるようになるとの事です。ただ任天堂もプレイステーションも基本的に2.4GHzですのでスマート・フォンやタブレット以外も繋ぎたい場合は5GHzで動作してはいけません。5GHz帯に切り替えたい場合はL-02F ポート開放設定の説明を参考にルータの設定画面を表示して次の項目で動作モード変更を行うことで切り替えられます。802.11n/a/ac規格が使えるようになります。

Wi-Fi設定から基本設定を開きます。

周波数帯域を2.4GHzから5GHzへ変更してページ下の適用を選んで保存で設定完了です。クレードル利用時及び外では電波法で使用を禁止されてますので念の為自己責任で設定をお願い致します。

WPS方式で簡単に繋ぐ

液晶画面からWPS方式を選んで簡単に繋ぐことが出来ます。先に繋ぎたい端末のWPS方式を動作させてください。

  • PSVITA(接続先SSID名はL02F_*****です)
  • PS4
  • 3DS
  • WiiU
  • Nexus(7ですが基本的にAndroidOSなので操作は同じです。)
  • Android(プッシュスタート方式)

次にL-02Fの本体の電源ボタンを2秒長押しして離します。

液晶画面を見てください。以下の様にWPSメニューが表示されているのでロングタッチしてください。繋ぐ端末の画面が切り替わったら離します。後は自動的に接続設定が完了します。備考真ん中のWi-Fiが橙色表示でない場合は無効になっていると思うのでWi-Fiメニューをロングタッチして有効化に切り替えてからWPSロングタッチを行って下さい。

スポンサーリンク

本体に記載のあるSSIDとKEYを確認する

まずWi-Fi接続させるには、SSID情報と暗号化キー情報が必要になります。本体の箱に同梱されていたセキュリティシールというものに記載されています。SSIDは赤い枠のL02F_***(**は任意の英数)となります。パスワードはSecurity Keyの右側に書いてある青い枠のものがパスワードです。この情報を元に手動でWi-Fi設定を完了することが出来ます。

備考、セキュリティシールを紛失した場合は本体の電池パックを外すと同じ情報が記載されているのでそちらでご確認下さい。

  1. Android
  2. PS3
  3. iPhone、iPod、iPad
  4. 無線内蔵パソコンの方はマニュアルを参照下さい。

スマートフォンやタブレットでWi-Fiを繋いでみる

Androidスマートフォンとタブレットの方は、まず3G通信を切ってしまいます。タブレットの方は無い場合もあります。設定から無線とネットワークを開きモバイルネットワーク設定を開いてデータ通信を有効にするのチェックを外します。

次に無線とネットワークに戻ってWi-Fi右側必ずチェックを入れた状態で、L02F_***名をタッチします。

スポンサーリンク

パスワードも同様に本体記載のKEYを入力します。こちらで確認した本体のパスワードに入力すれば繋がります。

説明は以上です。

iOS(iPod iPad Iphone)

iOSをWi-Fiで繋ぐ場合はまず3G通信を切ってしまってください。iPhoneを参考

Wi-Fiメニューをタッチします。Wi-Fiは必ずオンとしてください。ネットワークを選択と言うメニューにWi-FiネットワークのL02F_***名称のSSIDを選択して、こちらで確認したパスワードに入力すれば繋がります。

説明は以上です。

PS3

PS3を無線LANに繋ぐ場合ネットワーク設定からインターネット接続を選んでカスタムから無線を選んで頂いて、検索するを選びます。

利用するアクセスポイントはL02F_***になります。選択して右へ。

ここに本体記載のパスワードを入力して右へ進んで接続テストを行なってエラーにならなければ作業完了になります。

もし繋がらない端末などがある場合は

無線暗号化方式に対応できない端末がある場合はこちらを参考にルータの設定画面を出して頂いて2.4GHz帯に戻して下さい。それからDSやXP等古い端末はWEP暗号化方式ではないと繋がらないので動作モードを次の手順で変更してもらえれば繋がるようになると思いますのでお試し下さい。

Wi-Fi設定メニューよりSSID設定を開きます。

SSID設定の暗号化方式をWEBに変更して下さい。ただ今まで設定していたWPA暗号化方式の端末などやWPS方式でつないでいた端末は全てWEP方式で再接続設定が必要となってしまいますので念の為。

WEBへ変更したらパスワードモードを5/10/13/26の内から任意に決めます。例えば01234で5文字のパスワードとする事も出来ますし、ABCDE01234と言う10文字のパスワードとする事も可能です。設定変更できたら適用で保存し自分で決めたパスワード(暗号化キー)でWi-Fi設定を手動で行って頂く必要があります。

それでもやっぱり繋がらない。その場合は基本設定の2.4GHz設定の項目を変更を加えて見て下さい。以下の3つ設定変更すると繋がる可能性が高くなります。

1つ目、無線LANチャンネルを自動から10か11に変更

2つ目、無線LANモードをミックスモードではなく802.11b固定にしてみてください。11Mbps最大速度ですが一番安定的です。

3つ目、無線LAN帯域幅を20MHz固定にしてみてください。802.11n倍速が使えなくなりますが無線負荷を下げられると思います。変更したら適用で設定変更を保存して再接続をお試し下さい。

無線LAN関連とその他の説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする