VISTA PPTP着信設定

WindowsVISTAでVPN(virtual private network)側にクライアントを接続させるPPTP接続設定手順の説明です。

VISTA PPTP着信設定

WindowsVISTAを接続しているプライベートネットワーク環境への接続準備設定です。

まずネットワーク接続画面を表示します。VISTA ネットワーク接続画面の表示方法

ファイルから新しい接続を開きます。(ファイルメニューがない場合は整理>レイアウト>メニューバーを選ぶと表示できます)

スポンサーリンク

新しい着信接続を選びます。

接続許可をするユーザーを追加します。(PPTPクライアント接続時必ず必要になりますが、既にWindowsアカウントがある場合はそちらを指定しても構いません)

PPTP接続許可するユーザー名、パスワードを入力します。

スポンサーリンク

作成したユーザーIDにチェックを入っていることを確認の上次へ

インターネット経由にチェックを入れて次へ

インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IP)を選んでプロパティを開きます

VPN側のプライベートネットワーク環境にある割り当て範囲のIPアドレスを指定します。(備考ブロードバンドルータのDHCP割り当て範囲とIPアドレスが競合しないように指定下さい)VPNサーバ側のDHCP設定

アクセスを許可を選んでください。

プライベートネットワークへの接続が完了したら、VPN接続するサーバ又はパソコンのパス名が表示されるので控えておいてください。(パス名はIPアドレスでも構わない)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする