スポンサーリンク

PR-400NE ポート開放

PR-400NE2011年6月リリース開始のNTTひかり電話対応ONU一体型ブロードバンドルータです。無線LANは別途無線カードSC-40NEが必要になります。PR-400NE本体背面スイッチによるらくらく無線スタートが利用可能になります。LANポートは4。5台以上のクライアントを導入の場合は別途HUBかバッファロー等の簡単にブリッジモード動作が可能な無線ブロードバンドルータを導入頂く必要が有ります。

準備 IPアドレスを固定します

IPアドレス:192.168.1.25
サブネットマスク:255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ:192.168.1.1
優先DNS:8.8.8.8
代替DNS:8.8.4.4
IPアドレスを固定できたら必ずパソコンを再起動下さい。

設定画面を表示する

パソコンから設定画面を開きます。http://192.168.1.1アドレスをInternetExplorerのアドレス欄へ入力しEnterキーを押すと以下のログイン画面が表示されますのでユーザー名とパスワードを入力頂くと設定画面を表示する事が出来ます。
ユーザー名は user
パスワードは 一番初めて設定画面開いたときに決めたパスワード

ログイン画面ではなくエラーとなる場合はルータにログインできないページを参照下さい
設定画面が開いたら、必ず接続設定1が状態接続中であることを確認ください。もしも接続設定2番以降に有効な接続設定がされている場合は静的IPマスカレード画面を開いた際にこちらの接続先を変更頂く必要があります。

ポートを開放する静的IPマスカレード

静的IPマスカレードでポート開放設定例としてANHTTPDサーバソフトを導入しポート開放手順を説明します(80/TCP)。
詳細設定から静的IPマスカレード設定を開き、エントリ01の編集を開きます

静的NAT設定エントリ編集画面が表示されるので下記の様に入力します

  1. 変換対象プロトコル:TCP
  2. 変換対象ポート:80
  3. 宛先アドレス:192.168.1.25
  4. 設定
  5. 前のページヘ戻る
  6. 設定反映

以上で入力作業完了ですが必ず設定反映を見てポート開放を有効にしてください。

ポート範囲を設定する場合、例えばFTPポート20番から21番を指定する場合は次のようにハイフンで区切ることで一つのエントリに設定することが可能です。

  1. 変換対象プロトコル:TCP
  2. 変換対象ポート:20-21
  3. 宛先アドレス:192.168.1.25
  4. 設定
  5. 前のページヘ戻る
  6. 設定反映

設定反映

NATエントリに設定を入力し前のページを戻るを開きましたら、静的IPマスカレードの一覧画面に戻ります。必ず入力したエントリ番号にチェックを入れて保存を選択しポート開放設定をルータに反映にして下さい。

その他の説明

マニュアルとファームウェア

ファームウェアは東西のNTTで異なる場合がありますのでご契約回線が東か西かをよく確認の上適用下さい。

コメント

  1. deco より:

    記事とは直接関係ないのですがpr400neについて質問があります
    もしよければ助言いただければ幸いです
    ふと自分のIPでグーグル検索をかけたところ
    自分が1年以上変動なく使っているIPで今年に入ってから某掲示板のIP表示ありのスレへの書き込みがあり、集合住宅だからなのか、
    素人の考えなんですがプロクシとして漏れているのでは・・?なんて思ったりして
    (自分以外の家族では絶対にない書き込み内容である)
    いろいろ調べてたのですが、フレッツはipv6が有効であると半固定になってしまうということで
    http://192.168.1.1:8888/t/ このページからipv4を一時停止にしてみたところ
    1年以上変動しなかったIPが変わり、とりあえず安心したのですが
    ipv4を一時停止にしたことによる弊害ってあるのでしょうか?(設定を戻すとまた1年以上変わらなかったIPに戻ってしまう) 
    また、根本的に自分と同じIPが使い回されていることってそんなに心配することではないのでしょうか? よろしくおねがいします。

    • kagemaru より:

      説明ありがとうございます。
      v6プラスサービスはIPv4アドレスを共有するので、あらし行為をする人が同じIPv4アドレスを共有する事があるので
      仰る通りの懸念はあります。
      「http://192.168.1.1:8888/t/ このページからipv4を一時停止」するのはv6プラスのIPv4の事なのでこれを停止すると
      ルーターまたは端末からPPPoE接続させる事でユーザー専用のIPv4アドレスを割り当てさせる事ができます。
      IPv6のままだとDNSを参照できない事があるのでインターネットに繋がってはいるがドメイン名を変換できなくなるので見られないページが出ることがあります。
      例えばGoogleは見られるがYAHOOが見られない現象が発生する場合はPR-400NEのPPPoE接続を有効にしてもらえれば大丈夫です。
      またIPアドレスが共用する問題ですが、脅迫・業務妨害・あらし行為の犯人として疑われる可能性はあります。

  2. deco より:

    返信ありがとうございます。
    自分と同じIPによる書き込みはワッチョイ+IPありで
    内容も特に危険性のある人物と感じるような事はなかったのですが、やはり同じIPでは気になるのでしばらくipv6を使わずに様子を見てみようと思います。
    おかげさまでスッキリしました。返信ありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました