WCR-1166DS Wi-Fiつなぎ方

バッファローの無線ブロードバンドルータ「WCR-1166DS」WiiUや3DS、その他スマートフォンやタブレットをWi-Fi接続させる手順の説明です。本機はWPSプッシュスタートに対応している他、PS3やDSのプッシュスタートに対応したAOSS方式にも対応しているのでとても簡単にWi-Fi設定が出来ます。

本体のWPSとAOSSプッシュスタートボタン位置を確認

本体背面にある図の5番のAOSSとWPSプッシュスタートボタンです。Wi-Fiで繋ぎたい端末のWi-Fi設定からWPSかAOSSを選んで本体のこの赤いボタンを5秒程長押しして離すだけです。後は自動的に接続設定が完了して自宅のインターネット回線で通信容量制限を気にすること無く動画や音楽それにオンラインゲームを楽しむことが出来ます。

2016-bf-05-006

スポンサーリンク

端末別AOSS接続手順の説明です。

プッシュスタートに対応しない端末は手動で設定頂く必要があります。

その他、無線設定カードにあるQRコードにスマートフォンやタブレットのカメラでコードを読み取らせて設定する方法もあります。一旦3G/4G通信でインターネットに繋いでOS別のQRコード設定アプリをセットアップしてください。無線設定手順はアプリページに記載ありますのでそちらを参考にしてください。

SSID名とWEPキーを確認する

iPhoneとiPadは基本的に手動で設定しなければなりません。接続に必要な情報は本機の底面にシールで設定情報が貼り付けされているので目視でご確認下さい。

赤い枠の場所がSSID名です。Buffalo-A~は5GHz帯です。Buffalo-G~が2.4GHz帯です。表示されているSSIDをタップして、青い枠のKeyに記載されているパスワードを入力すれば繋がります。

802.11b/g/n/a/ac接続規格は対応している製品によって自動的に無線規格が選択されます。

2016-bf-05-003

確認したら各種端末別の説明を参考に設定ください。

  1. AndroidAOSSアプリを参考に設定ください)タブレットの場合はもしかしたら手動の方がいいかもしれません。
  2. iPhone、iPod、iPad(手動設定になります、次のSSIDとKEY説明を確認)
  3. パソコンの方はパソコンの無線LAN繋ぎ方を参考に設定下さい。

Androidスマートフォンとタブレット

設定から無線とネットワークを開きモバイルネットワークからデータ通信を有効にするのチェックを外します。

スポンサーリンク

Androidデータ通信無効化

次に設定から無線とネットワークを開きWi-Fi設定に戻ってWi-Fiにチェック入れBUFFALO-G~をタップして接続を選びます。

2016-bf-05-0013

パスワードは本体記載の暗号化キーを入力すれば繋がります。こちら

2016-bf-05-0015

以上でWi-Fi接続設定は完了です

iOS(iPod iPad iPhone)

iOSをWi-Fiで繋ぐ場合はまずモバイル通信を切ってしまってください。

iPhoneを参考に次の操作を行ってください。Wi-Fiメニューをタッチします。Wi-Fiは必ずオンとしてください。

iPhoneWi-Fi設定1900DHPのSSIDをタップ

ネットワークを選択と言うメニューにWi-FiネットワークのSSIDこちら番号をタップして同項目で確認した暗号化キーをパスワードに入力すれば設定作業完了です。

2016-bf-05-0016

暗号キーを入力したら接続もしくはJOINをタップすると繋がります。

2016-bf-05-0017

説明は以上です。

補足事項

この製品は、インターネットの出入り口が100Mbpsしか速度が出ない仕様(10BASE-T/100BASE-TX対応)なので、インターネットの接続速度は最高100Mbpsです。それ以上の速度は出ませんので念の為。

その他、Wi-Fiの電波が届きにくい場合は2.4GHz帯で繋いで下さい。Buffalo-A~と言いうSSIDでは無くBuffalo-G~の方に繋ぎ直してください。パスワードは2.4GHzも5GHzも両方同じ本体底面に記載のあるKEYが適用出来ます。

その他の設定

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする